【ホイアン】旧市街でNo.1!バインミーの超人気店「BANH MI PHUONG」

BANH MI PHUONG

以前、ホイアンでおすすめのバインミー屋さん「Banh Mi Madam Khanh 」を紹介しましたが、本日はもう1つのおすすめ店を紹介したいと思います!

ガイドブックで紹介されているのか、店内は欧米人のお客さんでいっぱいです!

 

 

BANH MI PHUONG

店名は「BANH MI PHUONG(バインミー・フーン)」。

店頭にはホイアン特産のカラフルなランタンが飾られています。

BANH MI PHUONG

メニューのほか、看板にも「BUY(PAY)HERE」の英語表記がありました。

BANH MI PHUONG

メニューは12種類

どれにしようか迷ったときに、おすすめなのが“Thap Cam(タップカム)”。タップカムは五目とか、全部のせといった意味で、これを頼めばいろいろな具が楽しめます!

これは麺料理などでも同じですので、もし何を食べるか迷ったら、メニューに“Thap Cam” の表記がないかどうか探してみましょう~

ということで、わたしはNo.3の“Banh mi thap cam” を注文しましたよ。

BANH MI PHUONG

店頭には豚肉、鶏肉、肉でんぶなどたーくさんの具が並んでいます!

スタッフが5人ぐらいいて、分担作業でテキパキとあっという間にできあがります!

BANH MI PHUONG

店内入口に掲げられているこちらの看板のほうが、写真付きで分かりやすいかもしれませんね。看板には「有名な美食家も食べに来ました!」というような写真もありました。

BANH MI PHUONG

さて、中部のバインミーで面白いのが、フランスパンの形!

パンの両端が“とっきんとっきん”(名古屋弁では尖っていることをこう言います)になっています。とんがりバインミーの形がなんともかわいいですねー☆

ホーチミンのフランスパンは大きめでぼてっとした形をしていますが、中部のものはきもち小ぶりでスリム。そして中はキメが細かい感じがします。

BANH MI PHUONG

そんなフランスパンに具がこぼれんばかりに挟まれています!!

はじめは外で立ったまま食べようかと思ったのですが、具がこぼれそうで食べにくかったので、店内の席へ。中は欧米人のお客さんでいっぱいで、相席となりました。

BANH MI PHUONG

店内に移動すると、店員さんがお皿を持って来てくれました。うん、これは食べやすい!

具材の研究のために、中を分解してみましたよ。中には~

  • ベトナムハム2種類
  • チャーシュー
  • 炭火豚焼肉(レモングラス風味)
  • 目玉焼き
  • トマト、レタス、きゅうり、玉ねぎの薄切り、細ねぎ
  • ピリ辛なます
  • タデ
  • パテ

たくさんの具が入っていましたよ!

ホーチミンで食べるバインミーにはタデが入っていませんが(ホビロンや貝料理と一緒に食べるぐらい)、中部の料理って、タデをよく使うのかなぁ?と思いました。

たとえば、「Banh Mi Madam Khanh」のバインミーにもタデが入っていましたし、ホイアンのほかの名物料理“コムガー”にもタデが添えられていました。

そして、ここの黒々としたパテは粒こしょうがピリリと効いていて、とてもおいしかったです!

北部・中部のバインミーはあまり食べていませんが、個人的には中部のバインミーが一番好みです。ホイアンに行くなら、ここはすごくおすすめですよ!

 

こちらのお店もおすすめです!
【ホイアン】60年以上続くコムガー(チキンライス)の名店「Com ga Ba Buoi」
【ホイアン】炒り卵と特製ソースがポイント!絶品バインミー「Banh Mi Madam Khanh」

 

BANH MI PHUONG(バインミー・フーン)
住  所:2B Phan Chau Trinh , Hoi An
T E L  :0905-743-773
営業時間:6:30~21:30