美術博物館①~展示物、建物編~

ベンタイン市場正門のロータリーを超え、南へ少し歩いたところにある美術博物館

イエローが目を引く美しいコロニアル様式の建物は、フランス統治時代には華人の富豪の邸宅だったそうです。

入館料は1万ドン(約50円)。
入口を入って右側のところにチケット売り場があります。

敷地内にも彫像が飾られています。

敷地内の地図。

向かって左側の建物が別館、右側が本館です。

 

 

本館に展示されているのは近代(ベトナム戦争が終結した1975年前後)の作品が中心で、戦争や庶民の生活をテーマにしたものが多かったです。別館では企画展が開催中でした。

 

本館フロアマップ
—————————–

3F  陶磁器、工芸品
—————————–
2F  絵画、彫像、写生画
—————————–

1F  企画展、土産屋
—————————–

アオザイや菅笠をまとった人物が描かれた作品は、ベトナムらしさが感じられて良かったです。

特に有名な作品があるわけではないのですが、美術博物館の見どころはその建物自体にあります。

建物のつくり、屋根の装飾、ステンドガラス・・・どれをとっても素晴らしいですが、特に素敵だと思ったのが床タイルです。
次回は、廊下・部屋ごとにデザインの違う床タイルを見てみましょう。

 

床タイル編へつづく~