柑橘系でさっぱりした味のフルーツ、Bon Bon(ランサット)

bon bon

ベトナムに来てから、ランサットという果物をはじめて食べました。

ベトナム語ではボンボン(Bon bon)というそうです。
チョムチョム(Chom chom)同様、名前の響きが良くて覚えやすいですね。

 

 
見た目から竜眼の一種だと思っていたのですが、よく見ると違いました!
ボンボンは皮が柔らかめで、ブドウのように実が房状に付いています。

ランサットを切ったところ
皮は手でつるっと簡単にむくことができますが、
タテ半分とヨコ半分に切ってみました。

中は薄皮のついた袋が5袋ぐらい付いています。
袋によって白い種が入っていたり、いなかったり。

食べてみると、グレープフルーツみたいな味。

甘酸っぱくて、種の近くはかすかに苦味があります。
甘いのかなとは思っていましたが、酸味があるのは意外でした!

食感はブドウのような、柿の種のまわりの部分のような。
地味な色味で存在感は控えめですが、
食べたらおいしかったのでビックリしました!
(手がベタベタするのが難点ですが・・・)

 
いつ雨が降るのか分からなくて不便なところもある雨季(4~10月頃)ですが、
旬を迎えるフルーツが多く、いろいろな南国フルーツが楽しめるのは嬉しいです。