【レシピ付】ハノイ風焼肉つけ麺“ブンチャー”を作ろう!~その2~

その1のつづき~

つけ汁が完成したら、下味につけたお肉を焼いていきましょう。

前回も書きましたが、市販の薄切り肉だと薄く、脂が落ちることもあってペラペラになってしまうので、ある程度厚みがあったほうが本場のものに近くなります。

 

3. お肉を焼く

オーブンまたは魚焼きグリルでお肉を焼きます。

簡単に済ませたい方はフライパンでもOKです。

豚ミンチは直径2~3cmのミニハンバーグ状にし、豚バラ肉は広げて焼きます。

薄さにもよりますが、おそらく豚バラ肉のほうが早く焼けると思います。

ときどき様子を見ながら、焦げ目がついたらひっくり返して焼きましょう

フライパンで焼く場合は、豚バラ肉から出た余分な脂をキッチンペーパーなどで拭きとってください。

できあがり!

可能なら、炭火で焼くとより本場に近い味が再現できます

4. 麺をゆでる

麺の量は1人前100gぐらいが目安です。

沸騰したお湯に麺を入れて、袋の表示通り(わたしの場合は5分でした)ゆでます。

ゆでたら冷水でしめ、水気を切ります。

5. つけ汁にお肉を入れ、レンジで温める

2つのおわんにつけ汁を分け、焼いたお肉を入れてレンジで少し温めます

つけ汁は熱いより、温かいぐらいがベトナム風です。

仕上げにこしょうを少々かけましょう♪

6. お皿に盛り付けて完成

お皿に麺、野菜&香草を盛り付け、つけ汁のおわんと一緒に並べます。

食べるときは、ホーチミン風に別のおわんを用意して、そこに具材を入れ、つけ汁をかけて食べてもいいですし、ハノイ風につけ汁の入ったおわんに直接麺などを入れてもOK!

ベトナムに行ってブンチャーのおいしさにハマッた方、自宅でぜひ試してみてくださいね☆

 

その他のベトナム料理レシピはこちら
チャークエ(ベトナム風さつま揚げ)
サテトム(エビ風味のラー油)
ブンティットヌン(豚焼肉のせサラダ麺)
バインクオン(蒸し春巻き)
バインセオ(ベトナム風お好み焼き)
ガーロティ(ベトナム風照り焼きチキン)
チャーゾー(揚げ春巻き)
バンチャンヌーン(ベトナム風薄焼きピザ)