見かけたらラッキー!?Canh bún(カンブン)という麺料理

ベトナムの麺料理にカンブン(Canh bún)というものがあります。

ブンという米麺に田ガニのすり身揚げ豆腐豚の血を固めたものトマトゆでた空芯菜が入っていて、マムトム(海老の発酵調味料)を溶かして食べます。

レストランどころかローカル食堂でも定番メニューとして載っているのをあまり見かけたことがなく、路上でときどき屋台が出ているのを見かけるぐらいです。

canh bun

そんな(個人的にレアだと思っている)麺料理のカンブン。

ホーチミンの街を歩いていて、カンブンの屋台を見かけると、たとえ昼食を食べたあとだとしても駆けつけて「おばちゃん、1杯!」と言いたくなるぐらいおいしいのです。

 

 

この日はパスター通り(×トンタットティエップ通り)で屋台を発見。

カンブンのほかに、ブンリュウ(田ガニとトマトの麺。カンブンに似ています)もありました。お値段、中心部なのにどちらもたったの15,000ドン(約75円)。破格です!

近隣で働いているであろうOLさんや作業員さんに混じって、プラスチック製の低い椅子に座って待ちます。この料理を待っている時間がとても好きです。

お鍋にはトマトや揚げ豆腐の入ったスープが。

赤い色をしているので辛そうに見えますが、これはトマトの色なので辛くはありません。

こちらがカンブンです。

マムトムと唐辛子を少し入れて食べました。

豚の血の固まりは臭みがなく(でもマムトムは臭みがありますが…)、かためのゼリーのような食感。くたっとしたゆでた空芯菜、ほろほろに崩れる蟹のすり身がおいしいです。

そして、マムトムが溶け込んだ蟹風味の濃厚なスープがおいしい!

田ガニ、豚の血の固まり、マムトムと個性の強いものが入る濃厚な汁麺、カンブン。蟹味噌やイカの塩辛が好きな方はきっとお口に合うはず。見かけたら試してみてください。

 

こちらもあわせてご覧ください。
ベトナムの国民食、ブン(bún)を使った麺料理10選
ベンタイン市場から徒歩1分!靴屋街にある蟹汁麺屋さん「BUN RIEU 30」
臭いけど旨い!魚の発酵調味料を使った汁麺“ブンマム”の店「QUAN BUN MAM」