ハノイ名物の“チャーカー・ラヴォン”をホーチミンで食べるならココ!

ハノイの名物料理、チャーカー・ラヴォン

本日は、ホーチミン中心部のトンタットティエップ通りにある専門店「CHA CA La Vong」を紹介します。料理名がそのまま店名になっていて分かりやすいですね。

チャーカーラヴォン(cha ca la vong)とは、ターメリックなどで味付けした白身魚を揚げ焼きし、ディル(ハーブ)や青ねぎを加えて炒めた料理です。

 

 

o0516077513251856683

メニューは、チャーカー・ラヴォン1種類のみ。
他にドリンク類、デザートのバインフランがあるだけです。

o0775051613251856816

席に着くと、人数分の油鍋セット(コンロ、米麺、トッピングなど)が運ばれてきます。

魚はあらかじめ調理されていて、店員さんが客席でディルと青ねぎをたっぷりと加えて炒め、料理を仕上げてくれます。

o0775051613251856686

チャーカー・ラヴォン 1人前/180,000ドン(約900円)

o0775051613251856685

香草、ピーナッツ、揚げせんべい、白髪ねぎ、ライム&チリ。

お碗に米麺と魚を入れ、お好みでトッピングをのせ、
仕上げに海老の発酵調味料・マムトムをかければ完成です!

強烈な匂いを放つマムトムは好き嫌いが分かれる味なので(イカの塩辛が好きな方はおそらく大丈夫なはず)、苦手な方はヌックマムをもらいましょう。

o0775051613251856684
できあがり★

ほんのりカレー風味の揚げ魚、ハーブとねぎの香り、ピーナッツと揚げせんべいの食感、マムトムの濃厚な旨味が相まって、とてもおいしいです!

鍋底の油を見ると油っこそうに思えますが、大量のハーブやねぎと一緒に食べるからか、食べてみるとそれほど油っぽさを感じませんでした。

料理に使われる川魚は雷魚だと思っていましたが、正しくはナマズ目ギギ科の「ラン魚」という魚だそうです(代用として雷魚を使うこともあるそう)。小骨がなく、身がふっくらしていて食べやすかったです。

ホーチミンでハノイ料理を味わってみたい方におすすめのお店です。

 

こちらもあわせてご覧ください。
【ハノイ】1871年創業の老舗店!白身魚とディルの油鍋「CHA CA La Vong」
カフェ風の店内で食べるハノイ名物“チャーカー・ラヴォン”「QUAN CHA CA DONG KINH」

 

CHA CA La Vongチャーカー・ラヴォン
■1区店
住  所:36 Ton That Thiep , District1 , HCMC
T E L  :028-3915-3343
営業時間:10:00~23:00

■3区店
住  所:3 – 5 Ho Xuan Huong , District3 , HCMC
営業時間:11:00~14:00、17:00~23:00