【レシピ付】ベトナムの揚げ春巻き“チャーゾー”を作ろう♪~下準備編~

屋台で見かけた揚げ春巻きの山

具だくさんで、パリパリした皮がおいしいベトナムの揚げ春巻き、チャーゾー(Chả giò)

本場ベトナムでは、米麺ブンや生野菜、ハーブと一緒に“ヌクチャム”という甘酸っぱいタレで食べます。ベトナム語レッスンの課外活動でタオ(Thảo)先生にチャーゾーの作り方を習ったので、ここにレシピをメモしておきたいと思います。

 

材料 ※大きめ(中華春巻きぐらいの大きさ)12本分

揚げ春巻きの材料

材料は先生と分担して準備。ひき肉の量が分からなかったので、約200gのものを2パック買ったのですが、実際に使ったのは1パックでした。

春巻き用

ライスペーパー(22cm) 12枚
豚ひき肉 200g
乾燥春雨(水で戻しておく) 少々
乾燥木耳(水で戻しておく) 4枚
芋類 適量
人参 1/3本
小ねぎ 2本
にんにく 1片
赤わけぎ 1個
ヌックマム 少々
塩 少々
胡椒 少々
粉末スープの素 少々
※お好みでカニ身やむきえびなど好きなものを入れてもOK!

タレ(ヌクチャム)用

にんにく 2片
生唐辛子 1本
砂糖 大さじ2
ライム汁 大さじ2
ヌックマム 大さじ4
水 大さじ4

付け合せ用

米麺ブン 500g
サニーレタス 適量
シソ、ミントなどお好きなハーブ 適量

タロイモと里芋の大きさ比較画像

今回はタロイモを使いましたが(左は大きさ比較のための里芋)、
クズイモ(シャキシャキした食感の芋)など芋類なら何でもいいそう。

Ajinomotoから発売されている粉末スープの素(hạt nêm)「Aji-ngon」

粉末スープの素(hạt nêm)は家にあった※豚骨だしを使いました。
スーパーで売っているきのこや鶏ガラのだしでもOKだそうです。
※“Aji-ngon(ngon=おいしいの意味)”はドンコイ通り沿いにあるスーパー「VinMart」や「TAXスーパー」、市内に複数店舗があるスーパー「Co.opmart」で買えます。

1. 材料を切る

木耳、タロイモ、人参・・・細い千切り
春雨・・・・・・・・・・・短めに切る
小ねぎ・・・・・・・・・・粗めのみじん切り
にんにく、赤わけぎ・・・・みじん切り

タロイモの皮を剥いたら、里芋ほどではないものの手が痒くなりました。
生のまま千切りにするというのがとても新鮮でした!

2. 具を混ぜる

揚げ春巻きの材料が入ったボウル

ボウルに具の材料をすべて入れ、

具を混ぜているところ

箸またはスプーンでよく混ぜ合わせ、15分位おきます。
(できれば30分位おくと良いそうです)

3. タレ(ヌクチャム)を作る

手作りしたヌクチャム

15分待っている間にタレを作ります。

<タレの比率>
砂糖1 : ライム汁1 : ヌックマム2 : 水2

砂糖→ライム汁→ヌックマム→水の順に合わせて、
最後にみじん切りにしたにんにくと生唐辛子を加えます。
量が足りないようなら、上の比率に沿って足します。

タオ先生のポイントは「砂糖の後にライム汁を入れること」。
こうすることで、ライムの香りがより引き立つのだそうです。

 

ヌックマム(Nước mắm)について
ベトナムの主婦は度数の低いヌックマム(価格が安い)を料理用に、度数の高いものはタレに使うそうです。今回は40度のものを使いました。

巻く&揚げる編につづく~