【レシピ付】ベトナム風豚肉のさつま揚げ“チャークエ”を作ろう!~その1~

チャークエ

今回は、料理上手なベトナム人の友達から教わったチャークエの作り方を紹介します。

チャークエ (chả quế )は、シナモン風味のお肉でできたさつま揚げです。

お肉をフードプロセッサーにかける → 調味料を入れる → タネを円盤状に整える → 冷凍庫で寝かせる → 再びフードプロセッサーにかける → 中の空気を抜いて形を整える → 蒸し器で蒸す →  油で揚げる・・・と工程が多いですが、手作りのチャークエのおいしさは格別ですよ☆

☆ベトナム語メモ
chả =揚げもの
quế =シナモン

 

材料 

チャークエの材料
  • 豚バラブロック 約500g
  • ヌックマム(ナンプラー) 小さじ1
  • 塩 小さじ1/2
  • ベーキングパウダー 小さじ1/2
  • 片栗粉 小さじ1/3
  • 味の素(お好みで) 小さじ1/3
  • シナモンパウダー 適量
ポイント
豚バラブロックは全体の1/3程度が脂身になっているものを選ぶのがコツ。もしくは脂身が多めのひき肉を使ってもいいと思います。※ひき肉を使う場合もフードプロセッサーでさらに細かくします。

1. 豚肉をフードプロセッサーにかける

一口大の豚バラブロック

フードプロセッサーにかける前に、豚肉を適当な大きさに切っておきます。

フードプロセッサーで細かくした豚肉

フードプロセッサーに豚肉を少しずつ入れて、細かくしていきます。

2. 調味料を入れて混ぜる

チャークエの肉に調味料を入れる

豚肉を細かくし終えたら、すべての調味料を入れて箸で混ぜ合わせます。

3. ラップに広げて円盤状に整える

ラップに広げたひき肉
まな板の上にサランラップを敷き、ひき肉をうすーく広げます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上からラップをかぶせて、円盤状に整えます。

4.冷凍庫で寝かせる

冷凍したチャークエのタネ

この状態で冷凍庫へ。1時間ほど寝かせましょう。

凍らせすぎると、次の過程でフープロでより細かくするときに砕きにくくなるので、1時間ぐらいがいいかな~と思います。

上の写真は冷凍庫で寝かせたあとのタネです。

5.さらにフードプロセッサーにかける

冷凍したチャークエのタネ

固まったタネをさらにフードプロセッサーにかけていきます。

クリーミーな状態になるまでフードプロセッサーにかけたら、

チャークエのタネ

丸いお皿にラップをしき、ヘラなどでタネを塗りつけるように広げます。

6.タネの中の空気をぬく

チャークエのタネ

裏返して、さらにお皿に塗りつけるようにします。これはタネを密着させるため。

上の写真は裏返した状態のタネです。表面に穴が複数あいているのが見えますね。

この穴がなくなるように、空気を抜いて表面をなめらかにします。

丸い形に整えたタネ

なめらかになったら、上からラップをかけて丸く整えます。

 

その2につづく~