サラダとしても食べる酸っぱいフルーツ、コック(Coc)

Cóc

ホーチミンの街を歩いていると、フルーツを売る行商の女性に出会うことがあります。

売っているもので、「このフルーツは何だろう?」とずっと気になっていたのがこちら。

Cóc

グァバに似た緑色をしたフルーツです。※黄色いものもあります。

カットしたものも売られていますが、見た目にも固そうで、あまり甘くはなさそうです。

おばちゃんに確認すると、フルーツの名前はコックとのこと。

1個だけ、5,000ドン(約23円)で売ってもらいました。

 

 

その後、家に帰ってから、ベトナム語の先生と一緒に試食しました。

先生曰く、実の中に種が1つあるので、マンゴーのようにカットすると良いとのこと。

結局、実が固くて上手にカットできず、種からむしりとる形に・・・。

Cóc

~試食タイム~

 

一口食べた感想は・・・・・・酸っぱい!

でも二口、三口と食べ進むにつれて、酸味がだんだん気にならなくなってきました。

 
コックは青いマンゴーのようにサラダ(和え物)にして食べます。塩をつけて食べると、酸味が和らいで食べやすくなりますよ」と先生が言っていました。

 
塩はベトナムの定番調味料のエビ塩や唐辛子塩でも良いそうです。また、コックはマムトム(紫色をした海老の発酵調味料)と一緒に食べるとおいしいんだとか(!)。

 
余談ですが、コックのベトナム語表記はCóc
同じスペル・声調記号で“毒ガエル”という意味もあるそうですよ。