ミトー名産ココナッツキャンディ(Kẹo dừa)

ココナッツキャンディ パンダンリーフ風味

ミトー名産のココナッツキャンディ

ホーチミン在住時に習っていたベトナム語の先生は、
メコンデルタの玄関口・ミトー(Mỹ Tho)のご出身。

テト(ベトナムの旧正月)明けのレッスンでは、1週間ほどミトーに帰省されていた先生から、お土産に特産品のココナッツキャンディ(Kẹo dừa)をいただいたことがあります。

☆ベトナム語メモ
kẹo(ケオ)=飴
dừa(ユア、ズア)=ココナッツ

 

 

包み紙の中に、さらにオブラートに包まれたキャンディが入っていたのですが、先生曰く、このオブラートはライスペーパー(!)でできているのだとか。
いただいたココナッツキャンディはパンダンリーフ風味(緑色をしていますが、風味はあまり感じません)でしたが、他にもいろいろなフレーバーがあるのだそうです。

そのまま食べてもいいですが、レンジで温めて柔らかくしてから食べる方法もあります

と先生。私はそのまま食べたのですが、硬かったキャンディが口の中ですぐ柔らかくなりました。生キャラメルのような濃厚な味でとてもおいしかったですよ。

ミトーまで行かなくても、ホーチミン市内のスーパーマーケットでも売っていますので、食べてみたい方、お土産に買いたい方はお菓子売り場をのぞいてみてくださいね。

メコンデルタツアーではできたてのキャンディが試食できる

ミトーのココナッツキャンディ工場

話がそれてしまいますが、ホーチミン発の日帰りツアーの定番、メコンデルタツアーにはココナッツキャンディ工場見学が含まれています。できたてのココナッツキャンディを試食させてくれます。H.I.STNKトラベルなどの旅行会社から申し込むことができますよ。

<参考記事>
メコンデルタ日帰りツアー①~蜂蜜農園見学&民族音楽を聴く編~
メコンデルタ日帰りツアー②~ジャングルクルーズ&ココナッツキャンディー工場見学編~
メコンデルタ日帰りツアー③~象耳魚の昼食&永長寺見学編~

ココナッツキャンディをカットしているところ

ココナッツキャンディをカットしているところ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

できたてのココナッツキャンディ。工場では販売もしています。