ベトナム北部の家庭料理が並ぶ大衆食堂「Hoan Kiem」

サイゴン大教会に近いグエンユー(Nguyen Du)通りを歩いていて、ふら~っと入った大衆食堂「Hoan Kiem(ホアンキエム)」。ホアンキエムはハノイにある大きな湖の名前です。

「COM BAC Hoan Kiem」

看板には、“北部のごはん(COM BAC)”と書かれています。
☆ベトナム語メモ
Com=ごはん
Bac=北
Hoan Kiem=ホアンキエム湖

 

 

「COM BAC Hoan Kiem」のおかず

店頭にはおいしそうなおかずたちがズラーッと!こちらは魚、肉のおかず。

写真の右奥に見えるチャーカー(ベトナムのさつま揚げ)を指さすと、

「COM BAC Hoan Kiem」のおかず

食べやすく切ってくれました♪

手前の玉子を焼いたもの、まさに“日本の玉子焼き”ですよね~

「COM BAC Hoan Kiem」
食べたいものを3つ指さして着席♪

チャダー(冷たいお茶)も一緒に注文しました。

玉子焼き、豚肉の甘辛焼き、チャーカー
選んだのは、玉子焼き豚肉の甘辛焼きチャーカー

ベトナムのさつま揚げは、日本のものよりプリッと弾力があります。
お店によっては胡椒が効いていたり、ディルの香りがしたり。

玉子焼きはふっくらジューシーで、薄味でした。

ベトナム人(北部の人限定?)もこんな玉子焼きを食べるんですねぇ。チャーカーと玉子焼きのおいしさを単品で噛みしめつつ、甘辛味の豚肉のおかずで白いごはんを食べました。
そして、この白いごはんがとってもおいしかったです!日本のお米のように粘りがあって、食べ慣れた懐かしい味がしました。炊きたてだった、というのもあるかもしれません。

「COM BAC Hoan Kiem」の白いごはん

おいしかったので・・・お代わりしちゃいました(苦笑)。
訪れたのは11時ごろ。お昼時のピークに備え、狭い店内で7~8人が忙しそうに準備を進めていました。

習ったベトナム語を使ってみたくて、お店を出るときおばちゃんに
「ンゴーンワー!(Ngon qua、すごくおいしかった!)」と伝えたら、
「ンゴーンワー?」と北部(標準語)の発音で返されました。

 

そうだったそうだった、「qu」の発音は北部のハノイでは“”、南部のホーチミンでは“”になるって、ベトナム語の先生から習ったんだった!と再認識したひとコマでした。

どのあたりが“北部ごはん”なのか、最後まで分かりませんでしたが(味付けがしょっぱいとか、北部ならではの料理があったのかも・・・)、おいしかったことは間違いありません。

 

Hoan Kiem(ホアンキエム)
住  所:89 Nguyen Du , District1 , HCMC
T E L  :08-8293-995
営業時間:7:00~22:00