【レシピ付】ベトナム風照り焼きチキン“ガーロティ”を作ろう♪~下準備編~

前回の揚げ春巻き・チャーゾー(Chả giò)につづき、
今回はベトナム風照り焼きチキン・ガーロティ(Gà rô ti)をご紹介。

ロティ(rôti)はフランス語でローストの意味です。

越僑の方たちはこの料理をオーブンで作るそうですが、
今回はベトナム風にフライパンで作るレシピを紹介します。

 

材料 2人分

ga rotiの材料

材料

骨付き鶏肉(もも肉でも手羽でも) 300g(写真は4本で500g)
玉ねぎ 1/2個
長ネギ(白い部分) 5cmぐらい
にんにく 1~2片
赤わけぎ(なくても可) 1個
ココナッツウォーター(または水+みりん少々) 適量

調味料

ヌックマム 小さじ1
ヌックトゥーン(大豆醤油) 小さじ1
五香粉 少々
塩 少々
胡椒 多め

Ngu Vi Huong

五香粉はスーパーで売っているBA TAM社のものを使いました。
スパイスの配合はメーカーによって違うようですが、写真の五香粉は八角、花椒、桂皮(シナモン)、丁香(クローブ)、小茴(フェンネル)でした。

つづいて作り方の手順です。

1. 鶏肉に切り込みを入れる

手羽元

味が染みこみやすく、火も通りやすくするため、
鶏肉の表と裏に骨まで達するように深く切り込みを入れます。

2. 調味料に漬け込む

手羽元2

すべての調味料を入れ、みじん切りにしたにんにくと赤わけぎ、
刻んだ長ネギ(白い部分)も入れて箸でよく混ぜ合わせます。

手羽元3

長ネギを入れ忘れたので、あとで慌てて投入。

このまま20分ほど時間をおきます。

3. サラダを作る

サラダの準備

ガーロティはサラダと一緒に食べる料理なのだそう。

調味料を漬けこんでいる間に、サラダを作ります。

 

サラダの材料

レタス、玉ねぎ、トマトなどお好きな野菜
酢、砂糖、ライム(レモン)、にんにくのみじん切り(お好みで)

 

作り方は簡単!
レタスは食べやすい大きさにちぎり、玉ねぎは薄切り、トマトは輪切りにします。
ドレッシングを作り、野菜によく絡めたらできあがりです。

 

焼く&煮る編につづく~