チョロンの水餃子屋街~ハートンクエン通り~

ハートンクエン通り

本日は、チョロン(ホーチミンの中華街)の北側に位置するハートンクエン通りをご紹介。
ここは、水餃子(sui cao、スイカオ)のお店が集まる水餃子屋街となっています。

チョロンは5区と6区にまたがって広がるエリアですが、
水餃子屋街は住所的には少し外れた11区になるようです。

 

3つのエリアからなるハートンクエン通り

チョロンバスターミナルとハートンクエン通りの位置関係

わたしは、チョロンのバスターミナルから歩いて行ってみたのですが、20分近く時間がかかってしまいました。早く行きたい方はタクシーを使ったほうがいいでしょう。

3つのエリアからなるハートンクエン通り

ハートンクエン通りは、図のように金属部品屋さんが集まるエリア・青空市場・水餃子屋さんが集まるエリアと3つに分かれています。水餃子屋さんは一番奥(北側)、チャンクイ(Tran Quy)通りと交わるあたりにずらりと並んでいます。

ハートンクエン通りの金属部品エリア

金属部品エリアを起点に歩きだし、

金属部品屋さん

大小さまざまな金属部品を見ながらどんどん北上すると、

ハートンクエン通りの青空市場

やがて青空市場エリアに変わります。市場を見ながら歩くのは楽しいですが、狭い道にはバイクもたくさん行き交っているので、注意をしながら歩きましょう。

ハートンクエン通りの青空市場

さらに歩いて行くと、

やっと到着!水餃子屋さんが集まるエリアへ

水餃子屋街

「水餃」「麺家」と中国語で書かれた看板が増えてきました!
こちらの水餃子屋さん、店名に数字が入っているところが多いです。お店の住所の番地の数字をそのまま店名に使っているようです。分かりやすいですね。

たとえば、

水餃175
「水餃175」

水餃156

「水餃156」

水餃193

「水餃193」

水餃162

「水餃162」などなど。

玉意水餃

ほかには「玉意水餃」、

徳發水餃

「徳發水餃」といった名前のお店も。

 

これだけたくさんのお店があると、どこへ入ろうか迷ってしまいますね。わたしが訪れたときは午前で時間が早かったため、準備中のお店が多く、選択肢自体が少なかったのですが、営業しているお店の中でもお客さんが入っていた「天天水餃」というお店に決めました。

 
お店のレポートは次回お送りします!