【ホイアン】本格派の自家焙煎コーヒーが味わえるカフェ「HOI AN ROASTERY 」

レトロな町並みが魅力のホイアン

ベトナム中部、ダナン市の南30kmに位置する古都・ホイアン(Hoi An)
ベトナム・中国・日本の建築様式が入り混じった独特の雰囲気を持つ町で、
1999年には“ホイアンの古い町並み”がユネスコ世界遺産に登録されました。

ホイアンの町並み
ホイアンの町並み

本日は、ホイアン旧市街の目抜き通りのひとつ、チャンフー(Tran Phu)通りにあるカフェ「HOI AN ROASTERY(ホイアン・ロースタリー)」をご紹介します。観光スポットの日本橋(来遠橋)から徒歩5分ほどと近いので、疲れた足を休めたいときにおすすめです。

ライトアップされた日本橋ベトナムの紙幣・2万ドン札の裏にも印刷されている日本橋

 

本格的なコーヒーショップ「HOI AN ROASTERY 」

「HOI AN ROASTERY 」外観

近年、観光客が増え、外国人好みのおしゃれなカフェも増えているというホイアン。
「HOI AN ROASTERY 」もそのうちのひとつ。コーヒー豆を選別し、自家焙煎を行い、時折ワークショップを開催する西洋人オーナーこだわりの本格派コーヒーショップです。

店内の様子
シックな色合いで落ち着く店内。上からは鳥カゴがたくさん吊るされています。

店内で販売しているコーヒー豆左:入口に置かれていた麻袋
右:店内ではコーヒー豆を販売

100%ROBUSTA  125,000ドン(約675円)/袋
ESPRESSO BLEND 140,000ドン(約700円)/袋

テラス席とカフェラテ
左:テラス席
右:コーヒーの苦みが効いているCAFE LATTE
49,000ドン(約250円)55,000ドン(約275円)

エスプレッソドリンクに使う豆はベトナム産のコーヒー豆を使用しているそう。
もちろんベトナムスタイルの濃いコーヒー(砂糖or練乳入り)もありますよ。
また、サイフォンやフレンチプレスを使って抽出する本格的なコーヒーも楽しめます。

ここ数年流行っていて、日本のコンビニやスーパーで缶や瓶入りでも売られている“コールドブリューコーヒー(水出しコーヒー。口当たりがまろやかなのが特徴)”もありますよ~。

チャンフー通り

店内から見たチャンフー通り。ひと休みをしたら、再びホイアン散策へ。暗くなり、ランタンが灯り始めたホイアンは、昼とは違ったノスタルジックな雰囲気に包まれます。

メニューにはケーキやマフィン、イタリアンアイスクリームなど小腹を満たしてくれるスイーツも。

食べていないので味は分かりませんが、ホイアン3大名物料理“カオラウ”、“ホワイトローズ(蒸し餃子。米粉の皮に海老のすり身餡が包まれている)”、“揚げワンタン”もありましたよ。カフェで気軽に名物料理を楽しむというのもいいかもしれませんね♪

他には鶏のフォー、春巻き(生・揚げ)、各種パニーニがありました。

 

2016.9.4追記
レロイ通りとハイバーチュン通りに新店がオープンし、合計3店舗になりました!
3店間はそれぞれ徒歩圏内で、近い場所にあります。

2017.8.15追記
さらに3店舗オープンし、計6店になりました。
そのうちのリバーサイド店(住所:95 Bach Dang)はビストロを併設しています。

 

こちらもあわせてご覧ください。
【ホイアン】地元で人気のカオラウ専門店「THANH CAO LAU」
【ホイアン】ベトナム産素材にこだわったオーガニックカフェ「COCO BOX」
【ホイアン】60年以上続くコムガー(チキンライス)の名店「Com ga Ba Buoi」
【ホイアン】旧市街でNo.1!バインミーの超人気店「BANH MI PHUONG」
【ホイアン】炒り卵と特製ソースがポイント!絶品バインミー「Banh Mi Madam Khanh」

 

HOI AN ROASTERY(ホイアン・ロースタリー)
http://hoianroastery.com/