“紅茶マキアート”がおいしい!台湾発のティースタンド「KOI Thé」

ここ数年で、韓国のカキ氷屋さんや台湾のチェーン系カフェが増えたホーチミン。
今回は市内にチェーン展開する台湾発のティースタンドを紹介します。

 

お店の名前は「KOI Thé(コイ・テ)」。
アジアを中心に約600店舗を展開しているチェーン店で、
日本では那覇に1店のみ店舗があるようです。

 

「Théってどういう意味だろう?」と思って調べたところ、
Thé(テ)=フランス語で紅茶の意味だと分かりました。

世界で茶を意味する語の起源は、「チャ」系統のものと「テー」系統のものがある。

(中略)

これに対して西欧の多くの国では「テー」系統の発音が用いられている。これは、福建南部から台湾にかけて用いられている閩南語のテー () に由来すると考えられている。

茶(Wikipedia)

 

 

o0775051613440898188

こちらは、7区のVivoCity店の店内。
少しですが、カウンター席もあります。
メニューは緑茶やミルクティーなど、お茶を使ったものが約25種類
サイズはSとMの2種類あります。(詳細はこちらから確認できます)

 

私は“Hong tra macchiato(紅茶マキアート)”という、
紅茶の上に泡がたっぷりのったドリンクを注文しました。

o0516077513440898187

ドリンクは、お砂糖の量を調節できるのがうれしいところ。
(なし、25%、50%、70%、100%、120%の6段階)
受け取ったドリンクにストローが入っていなかったので、「あれ?」という顔をしていると、店員さんが「飲み方はここを見てください」と店頭のPOPを指さしました。

o0516077513440898189

受取カウンターには、マキアートの飲み方の説明POPがありました。
そこには、“付属のプラスチックナイフでフィルムを2~3cm切り、そこから直接口で飲む”ということが書かれていました。面白い飲み方ですね!

o0516077513440908314
持ち帰っている間に紅茶とミルクが混ざってしまったのですが、
受け取ったときは紅茶と泡の層がきれいに分かれていました。

o0775051613440908315

付属のプラスチックナイフでふちを数cmカット。

泡はミルクを泡立てたものではなく、ゆるめの生クリームでした。
生クリーム自体が甘く、リッチなおいしさで満足感がありましたよ。

旅行者の方でしたら、ビテクスコ・フィナンシャルタワーに面しているゴードゥックケー通りのお店が行きやすいかと思います(住所はHPをご確認ください)。

※2015年4月に VivoCityに1号店ができてから一気に店舗数が増え、2017年7月現在は計12店舗になりました。店舗一覧はこちら

旅行者の方には、ビテクスコ・フィナンシャルタワーの向かいにあるゴードゥックケー通りが行きやすいと思います。ドンコイ通りや歩行者天国のグエンフエ通りから近いですよ。

■ ゴードゥックケー通り店
住  所:76 Ngo Duc Ke , District1 , HCMC
T E L  :028-3821-6668

こちらも合わせてご覧ください。
タンクトップ姿のマッチョ店員がシェイク!ティースタンド「TOPLESS TEA」

 

KOI Thé(コイ・テ)
http://www.koicafe.com/wn/
■ VivoCity店
住  所:1F Khu F ,  VivoCity , 1058 Nguyen Van Linh , District7 , HCMC
T E L  :028-3781-9898
営業時間:10:00~22:00