ハイフォン名物の蟹汁麺“バインダークア”が食べられるお店「LANG CUA DONG」

バインダークア

路地裏の素朴なベトナム料理屋さん

麺天国のベトナム

フォー以外にもたくさんの麺料理があります。
米麺の“ブン(Bun、細いものと太めのものがあります)”、中華麺の“ミー(Mi)”、タピオカ粉(+米粉)から作られた“バンカン(Banh canh)、春雨の“ミエン(Mien)”など。

 

 

本日は、ベトナム北部の港町・ハイフォン名物の蟹汁麺、バインダークア(Banh da cua)をご紹介。茶色の幅広麺に蟹だし汁が特徴の、ホーチミンではあまり見かけない麺料理です。

グエンティミンカイ通り18Aの路地

そのお店は、1区北部・18A Nguyen Thi Minh Khai(グエンティミンカイ通り18A番地)の細い路地を入ってすぐ左側のところにある、

LANG CUA DONGの外観

LANG CUA DONG(ラン・クアドン)」。
この路地には、他にもおいしそうな食堂が数軒並んでいます。

☆ベトナム語メモ
lang(ラン)=村
cua(クア)=蟹
dong(ドン)=野原

LANG CUA DONGのメニュー

バインダークアは1杯33,000ドン(約150円)。海鮮入りは40,000ドン(約10円)です。
(※現在は値上がりしているかもしれません)

ほかに、鍋料理やごはんもの、ベジタリアンメニューなど料理の数が豊富なので、夜に訪れて、みんなでいろいろシェアして食べるのも楽しそうです(ビールもありますよ!)。

これがバインダークア!

バインダークア

じゃじゃん!
具だくさんでカラフルなビジュアルが食欲をそそります。
泥ガニの身(真ん中のひき肉みたいに見えるもの)、肉だんご、厚揚げ、ミンチを香草で巻いたもの、さつま揚げのようなもの、湯通しした空芯菜とセリがのっていました。

バインダークアの具

カニの甲羅の裏には肉だんごが詰めてありました。

バインダークアの麺

麺(バインダー・ドー)は茶色く平たい形をしていて、見た目はきしめんのよう。
この茶色はサトウキビでつけているらしいのですが、麺自体は甘くありません。
ベトナムの麺にしてはコシがあり、食べごたえがありました。

 

スープは薄味だったので、ライムをたくさん絞って酸味をきかせて食べました。

定番のフォーや南部名物のフーティウもいいですが、
たまにはホーチミンで北部の麺を食べるのもいいですね。

 

こちらも合わせてご覧ください。
【ベトナム・インスタント麺図鑑】~第3回 BANH DA CUA(2種)~
ホーチミン7区で“バインダークア”が食べられるお店「QUAN CUA DONG」

 

LANG CUA DONG(ラン・クアドン)
http://www.cuadong.com/
住  所:18A/3/A3 Nguyen Thi Minh Khai , District1 , HCMC
T E L  :08-3824-6825 , 2242-3299
営業時間:7:30~14:00、17:00~21:00