南国フルーツ、Mang Cau(マンカウ)2種類

mang cau

2種類ある“マンカウ”

ヨーグルトのような甘酸っぱい味のシントー・マンカウ
(“マンカウ”という果物を使ったベトナム風フルーツスムージー)

マンカウはシントーでしか試したことがなかったのですが、スーパーの果物売場でフルーツそのものを見たとき、2種類のマンカウがあることに気づき、両方買ってみることに。

 

マンカウシエムMãng cầu xiêm

マンカウシエム

越:Mãng cầu xiêm、Mãng cầu gai
英:Soursop
日:トゲバンレイシ

シントーに使われるのは、このマンカウ。
大きさは30センチ近くあるでしょうか、とても大きいです!
わたしが買ったものは重さが1.3kgあり、68,000ドン(約325円)でした。

値札シールには「Mãng cầu gai」と書いてあったので、ベトナム語の先生に「gaiはどういう意味ですか?」と聞いてみたら、「“トゲ”という意味ですよ」とのこと。

ちなみに、「xiêm」は昔のカンボジアを指す言葉だそうです。
カンボジアから伝わったフルーツなのでしょうか?

マンカウシエムの断面

断面はこんな感じ。
白い果肉の中に黒い種がたくさん入っています。

買ったときはすでに食べ頃で、柔らかかったです。
甘酸っぱい味で、食感はねっとりクリーミー
まるでヨーグルトを食べているみたいでした。

マンカウターMãng cầu ta

マンカウター

越:Mãng cầu ta
英:Sugar apple、Custard apple
日:バンレイシ、釈迦頭

形は違いますが、これもマンカウ。
スーパーや果物屋さんで見かけるのは、こちらのマンカウが多いはず。
ハノイなどベトナム北部では「ナー(Na)」と呼んでいるそうです。

ta」は、ベトナム語で“私たち”という意味。
カンボジアから伝わってきた(?)「Mãng cầu xiêm」と区別して、“私たちの(ベトナムの)マンカウ”という名前が付けられているのですね~!

マンカウターの断面

断面。
まだ熟していないうちに食べてしまったので、とても固かったです・・・。
熟れるとマンカウシエムのように柔らかく、甘酸っぱい味になるのでしょうか。

 

おまけ

シントー屋台のアート

シントー屋台のアートにも、よく見るとマンカウシエムが描かれていますよ★

 

こちらの記事も合わせてご覧ください。
ブイビエン通りの路地裏で営業!地元で人気のシントー屋台「FIVE BOYS NUMBER ONE」