おじさんマークが目印!明るくきれいなフォーのチェーン店「PHO ONG HUNG」

PHO ONG HUNG

指を立てて微笑むおじさん(ONG HUNG=フンおじさん)の顔が目印の、インパクトのあるフォーのチェーン店「PHO ONG HUNG(フォー・オン・フン)」。

フエ料理のチェーン店「MON HUE」やベトナム家庭料理のファーストフードチェーン「Com Express」と同系列のお店で、2014年より勢いよく店舗数が増えているお店です。

小サイズが一杯58,000ドン(約285円)~、大が74,000ドン(約365円)と値段は少し高めですが、店内はとてもきれいで清潔感があり、一人でも旅行者でも安心して利用できます。

 

 

「PHO ONG HUNG」のフォーは牛肉(フォーボー)も鶏肉(フォーガー)も両方あります。

Pho thap cam dac biet

Pho thap cam dac biet(To Lon) 74,000ドン(約365円)

Hot ga 16,000ドン(約80円)

特製の牛肉フォー(大)に生卵をつけました。
一緒にについてくる揚げパン(1個 8,000ドン)は食べたらお金を払うというシステム。

卵は大きさ的にうずらの卵だと思います。
スープに入った状態で別で出てきましたよ。

フォーの具は半生牛肉、しっかり火の通った赤身肉、牛スジ肉、牛肉団子、センマイが入っていて、牛肉のいろいろな部位が楽しめます。

卓上の香草、ライム

テーブル上の香草、ライム&チリは好きなだけ入れられます。

調味料(ヌックマム、チリソース、甘味噌、ラー油)はお好みで。

参考記事
自分好みの味に!フォー専門店の卓上調味料を使いこなそう

月見フォー

生卵を入れたら、スープにコクが増しました。
黄身が麺に絡んだところが特においしかったです!

(お腹が心配な方にはおすすめできませんが…)

生卵を置いているフォー屋さんは、わたしはホーチミンであまり見ませんでした。年中暑い気候というのもあるかもしれませんね。でも、ここに行けば月見フォーが食べられますよ。

Cha gio nhan ton thit

Cha gio nhan ton thit(4 cuon) 42,000ドン(約210円)

サイドメニューで頼んだ海老入りの揚げ春巻き。海老のしっぽが出ています♪

Cha gio nhan ton thit

揚げ春巻きはヌックマムベースの甘酸っぱいタレでいただくのがスタンドダードですが、ここではチリソースとマヨネーズが出てきます。

フライドポテトやチーズフライなど揚げものを注文すると大体ついてくるチリソース。ベトナム人は揚げものにチリソースをかけるのが好きなようです。

 

市内にたくさんお店がある「PHO ONG HUNG」。

旅行者の方にとって行きやすいのはドンコイ通り店(住所:80 Dong Khoi)、ビンコムセンター店(72 Le Thanh Ton)、ビテクスコ・フィナンシャルタワー店(2 Hai Trieu)、レタントン通り店(190 Le Thanh Ton、ベンタイン市場北門から徒歩30秒)などでしょう。

ローカルのお店に少し抵抗がある方は、まずは気軽にチェーン店でフォーを食べてみてはいかがでしょうか?

 

こちらもチェック!姉妹店のフエ料理店
フエ料理を気軽に食べるなら!市内に約50店舗あるチェーン店「MON HUE」

 

PHO ONG HUNG(フォー・オン・フン)
http://phoonghung.vn/