【レシピ付】牛肉入り炒めフォーを作ってみよう!

ベトナム北部料理のお店などで見かけるフォーサオ(Pho xao)

フォーの麺を牛肉や野菜と一緒に強火で炒めた料理です。

今回はポピュラーな牛肉入りのもの→フォーサオボー(Pho xao bo)を作ってみましょう。

☆ベトナム語メモ
xao=炒める
bo=牛肉

 

材料 

材料(1人分)

フォーの乾麺 100g
牛肉 80g
玉ねぎ 1/4個
青菜(チンゲン菜、小松菜など) 1束
トマト 1/2個
もやし ひとつかみ
にんにく 1かけ
パクチー 適当(飾り用)

調味料

塩胡椒 少々
鶏ガラスープの素(ウェイパー) 小さじ1/2
オイスターソース 小さじ1
ヌックマム(ナンプラー) 小さじ1
砂糖 ひとつまみ

1. フォーの乾麺をゆでる

バットやフライパン(麺が長いので)にぬるま湯を張って、フォーの乾麺を20分ほど戻します。※時間がなければこの工程はパスしてOKです

袋に書かれている表示時間マイナス1分で麺をゆで、水気を切っておきます。

麺を炒めるときに少量の水を加えるため(麺をほぐすため)、ゆで時間を短めにしました。表示時間通りにゆでて水を加えたら、麺がボロボロになってしまったので…。

2. 牛肉、野菜を炒める

にんにくと玉ねぎは薄切りに、チンゲン菜はザクザクと適当な大きさに、トマトはくし型切りにしておきます。

フライパンを中火で熱し、油をひき、にんにくを入れて香りを出した後、牛肉を炒めます。

牛肉が白っぽくなったら、玉ねぎとチンゲン菜を入れて、砂糖・塩胡椒・鶏ガラスープの素を入れて、引き続き炒めます。

玉ねぎとチンゲン菜に火が通ったら、もやしとトマトを入れます。

シャキシャキ具合を残したいので、菜箸でサッと混ぜる程度でOKです。

3. 麺を投入して全体にからめる

火を強火にし、フォーの麺を入れ、少量の水をいれてほぐし、全体になじませます。

麺がフライパンにくっつきやすいので、ここからは一気に進めます!!

その後、鍋肌からヌックマムとオイスターソースを入れてササッと混ぜ合わせます。

お好みで、水溶き片栗粉を入れてあんかけにしてもいいですね。

味見をしてみて、足りないようでしたら、適宜調味料を足してみてくださいね。

4. できあがり

最後に飾りのパクチーをのせてできあがりです!

炒めすぎて麺がフライパンにくっついてしまいましたが、味はおいしくできました。

フォーがなければ、ミー(中華麺)で作ってもおいしいと思います。

 

こちらもあわせてご覧ください。
【ベトナム・インスタント麺図鑑】~第20回 MILIKET~(ミーサオを作ろう!)