ブンチャー(ハノイ風つけ麺)と蟹の揚げ春巻きが美味!「quan Nem」

クアンネム

グエンティミンカイ通りのブンチャー専門店

ベトナム生活が始まったのが2013年。到着初日の夕食で訪れたのが、知人がおすすめしてくれたハノイ名物の麺料理・ブンチャーが食べられるお店quan Nem(クアンネム)

ブンチャー(Bún chả)とは?
ベトナム北部・ハノイの名物麺。炭火で焼いた豚バラ肉とつくねが入った甘酸っぱいタレに、米麺・ハーブ・生野菜などを入れて食べる、“ベトナム版つけ麺”ともいえる料理。

ホーチミンにはブンチャーがおいしいお店がたくさんあります。その後、2年半のベトナム生活の中で何店かのブンチャーを食べましたが、個人的にはここが一番お気に入りです。

 

絶品のブンチャー

「quan Nem」の外観

店舗外観

食事メニューはブンチャーと蟹入り揚げ春巻きの2品のみ。

他に豆腐のデザートとシントー(フルーツシェイク)など各種ドリンクがあります。

「quan Nem」のブンチャー

ブンチャー(Bun Cha) 60,000ドン(約300円)

ブン(細い米麺)、こんがり焼かれた焼肉と肉団子、タレ、生唐辛子、そして大量の野菜とハーブが運ばれてきました。野菜&ハーブの多さにびっくりしたことを覚えています。

これらをお碗に好きなだけ取って、タレをかけて~

「quan Nem」のブンチャー

よく混ぜてできあがり! さて、念願のブンチャーのお味は・・・

 

めちゃくちゃおいしいっ!!!

 

ジューシーなお肉と、ヌックマム風味の甘酸っぱいタレが合います☆

特に焼肉と肉団子が炭火とほんのりニンニクの風味がしておいしかったです。
食べている間、何度も「おいしい、おいしい」って言っていたような気がします。

ハーブの中には苦手なものもありましたが(あとで調べたらドクダミだと判明)、食べ慣れているレタスと紫蘇(日本のものより香りは弱め)は安心して(?)食べられました。

ブンが足りなければ、6,000ドンで追加することができますよ☆

「quan Nem」のブンチャー

すぐにここのブンチャーのファンになり、お持ち帰りして家で盛り付けて食べたことも。

サイドメニューの蟹入り揚げ春巻きも必食!

Nem Cua Bien

蟹入り揚げ春巻き(Nem Cua Bien) 46,000ドン(約230円)

多くのお客さんが一緒にサイドメニューの蟹入り揚げ春巻きを注文しています。拳ほどの大きな正方形の揚げ春巻きを目の前でハサミで4等分にカットしてくれますよ~。

揚げ春巻きの断面
断面はこんな感じ(家で切ってみました)。具がぎっしり詰まっていますね!

 

店内では地元客の中に旅行者や在住外国人を数人見かける程度。ローカル店と比べると割高ですが、店内が綺麗なので、旅行者やホーチミンに住み始めたばかりの方におすすめです。

 

quan Nem(クアン・ネム)
住  所:15E Nguyen Thi Minh Khai , District1 , HCMC
T E L  :028-6299-1478
営業時間:10:00~22:00