ホーチミン10区の路地裏にある貝料理屋さん「Quan Oc NHU」

quan oc nhu

路地裏の人気貝料理店

ホーチミンの街を歩いていると、Oc(オック、貝)と書かれた看板を見かけます。

ホーチミンに越してきたばかりの頃、貝料理にはちょっと抵抗がありました。

貝料理はベトナム人にとても人気があり、食べてみたかったのですが「メニューはきっとベトナム語オンリーだろうし、たくさんの種類から貝と調理法を選んで注文する、というのは難易度がかなり高いな~・・・」と思っていました。

 

 

今回ご紹介する貝料理のお店の場所は、3区に限りなく近い10区(区の境目)にあります。

Quan Oc NHUのある路地

住所は【650  Dien Bien Phu】。

ここに「KHU PHO VAN HOA(文化地区)」と書かれた路地があるので、そこを入り、

Quan Oc NHUのある路地

途中で右に曲がります。

本当にここに貝料理屋さんが・・・?と心配になるほど人がいませんが、

Quan Oc NHU

お店に着くと、お客さんがいっぱい!メインのフロア(上の写真)は満席だったので、道を挟んで向かいのもうひとつのフロアへ通されました。

Quan Oc NHU

店先にはさまざまな貝が並んでいます。見たことがない貝がいっぱい!

「暑い中、常温で並べていて大丈夫かな~」と若干不安になりつつ・・・

Quan Oc NHU

店名は「Quan Oc NHU(クアン・オック・ニュー)」。

豊富な貝の種類、調理法、味付け

Quan Oc NHUのメニュー

壁のメニュー。

調理法はいろいろありますが、何でもできるわけではなく、選んだ貝によってできる調理法がいくつか決まっていました。調理法に困ったときは、貝のことをよく知っている店員さんに任せるのが一番!

HPにメニューの一部が写真でのっていますので、食べたいものがあれば、ベトナム語をメモしてから行くと、注文のときにスムーズでしょう。参考までに調理法と味付けのよく使われるベトナム語を書いておきます☆

調理法

    • Hấp(ハップ)・・・蒸す
    • Luộc(ルォック)・・・ゆでる
    • Nướng(ヌォン)・・・焼く
    • Xào(サオ)・・・炒める
    • Rang(ラン / ザン)・・・炒る、炙る
    • Chiên / Rán(チン / ザン)・・・揚げる

 

味付け

  • Muối(ムォイ)・・・塩
  • Tiêu(ティエウ)・・・胡椒
  • Ớt (オット)・・・唐辛子
  • Bơ(ボー)・・・バター
  • Me(メー)・・・タマリンド
  • Dừa(ユア / ズア)・・・ココナッツ
  • Nước tương(ヌックトゥーン)・・・ベトナムの大豆醤油
  • Sả / Xả(サー)・・・レモングラス
  • Phô mai(フォー マイ)・・・チーズ
  • Mỡ hành(モー ハン)・・・ネギ油
  • Tỏi(トーイ)・・・ニンニク
  • Gừng(グン)・・・ショウガ

 

タデ

最初に出てくるタデ(Rau Ram)の葉。

香りが強く、ピリッと辛くて苦味もあります。

タデには毒消し効果があり、ベトナムでは貝と一緒に食べるのが定番のようです。

「蓼食う虫も好き好き」という諺になるほど個性的な味で、わたしは苦手でした・・・。

フランスパンと合わせて食べたい巻貝のココナッツミルク煮

Quan Oc NHUの並びのフランスパン屋さん

お店の並びでフランスパンを売っているのですが(貝料理屋さんと提携しているようでした)、お客さんはみんなこれを買って、席で貝と一緒に食べていました。

フランスパン

こんなところにもフランスが残した置き土産が。とても興味深いです。

ここで焼いているのか、フランスパンは焼きたて熱々でした!

Oc Len Xao Dua

巻貝のココナッツミルク煮(Oc Len Xao Dua)

すぐに出てくる“とりあえず一品”的な料理。
貝のてっぺんに穴があいていて、そこから汁を吸ってから身を食べます。

Oc Len Xao Duaとフランスパン

貝のエキスが出たスープにフランスパンを浸して食べると最高!新しいおいしさです!

その他の貝料理をご紹介!

So Diep Nuong Mo Hanh

ホタテのネギ油ピーナッツがけ(So Diep Nuong Mo Hanh)

ホタテは日本のものより小ぶりです。
ネギ油とピーナッツの香ばしい風味が加わって、すごくおいしい!

Hau Nuong Pho Mai

カキのチーズ焼き(Hau Nuong Pho Mai)

カキの上にのっているチーズは、チーズというよりクリームソースのような感じでした。
カキは大ぶりで、ぷりっとしていて新鮮でしたよ~。

Ngheu Hap Sa

ハマグリのレモングラス蒸し(Ngheu Hap Sa)

ハマグリは、レモングラスの風味が爽やか。
少し甘い味付けで、ピリッと辛かったです。

So Huyet Luoc

ゆで赤貝(So Huyet Luoc)

赤貝もレモングラスの風味がついていましたよ。

Oc Mo Xao Me

巻貝のタマリンド炒め(Oc Mo Xao Me)

タマリンド炒めは甘酸っぱくて、南国チックな味。
貝かソースか分かりませんが、少し臭みがありました。。。

So Diep Nuong Pho Mai

ホタテのチーズ焼き(So Diep Nuong Pho Mai)

ネギ油のホタテがおいしすぎたのでもう一皿注文したのですが、間違ってチーズ焼きが出てきました。これはこれで、おいしかったですけどね。

So Duong Xao Toi

赤貝のニンニク炒め(So Duong Xao Toi) ※この貝がSo Duongか自信なし。。。

赤貝はニンニクと豚の脂をあげたものがのっていて、下にタデの葉がしいてありました。

Oc Dua Xao Bo Cay

小さな貝のピリ辛炒め(Oc Dua Xao Bo Cay)

小さい貝を安全ピンでほじくり出して食べるのが面白かったです。

 

個人的にすごくおいしいと思ったのが、ホタテのネギ油ピーナッツがけ赤貝のニンニク炒め。ネギとニンニクの組わせは絶対においしいですね~。

お腹が心配な方にはおすすめできませんが、珍しい貝は話題になる上、貝や調理法が選べて楽しいので、みんなで飲みたいときのお店選びに貝料理屋さんはピッタリだと思いました。

貝を食べるときは手が汚れるので、お店に行くときは、ウェットティッシュを持参するのがベターです(お店のものを使うとお金がかかるし、何枚も使うことになるので・・・)。

ちなみに、貝は常温で並べられていましたが、(わたしは)お腹は大丈夫でした。

貝料理屋さんはベトナム生活に慣れている在住者、ベトナム通の旅行者におすすめです。

 

Quan Oc NHU(クアン・オック・ニュー)
http://ocnhu.com/
住  所:650/4/29D Dien Bien Phu , District10 , HCMC
T E L  :0908-337-360
営業時間:11:30~20:30(毎月、旧暦の1日と15日は休み)