ベトナム料理に欠かせない食材、レモングラス(sả)

レモングラス

ベトナム料理でよく使われる食材

ホーチミンに住んでから好きになった食材がレモングラス。ベトナム語でsả(サー)といいます。ベトナム家庭料理のお店などで、よくレモングラスを使った料理を見かけますよ。

 

 

例えば、こんな料理があります♪

揚げ豆腐のレモングラスがけ

揚げ豆腐のレモングラスがけ | SH Gardenにて

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

レモングラスとナマズの土鍋煮込み | Ngoc Chau gardenにて

o0775051612855095471

いかのレモングラス炒め | COM BINH DAN SO 7にて

o0775051612987435895

はまぐりの生姜・レモングラス蒸し | Hoa Tucにて

 

魚介系ばかり紹介しましたが、肉料理に使われることも。

特に、鶏肉のレモングラス炒めは定番料理となっています。

1.ハマグリのレモングラス蒸しに挑戦

ベトナムのスーパーで普通に売られている生のレモングラス

ある日「せっかくベトナムにいるのだから、生のレモングラスを使ってみたいな」という気持ちが湧きあがり、一束買ったことが。8本入りで1,500ドン(約7円)と激安でした!

レモングラスの束

作ったのはベトナムの貝料理の定番、
ゲウ・ハップ・サー(ハマグリのレモングラス蒸し)です。

これなら自分でもできそうだなと思い、ネットでレシピを検索。
一番簡単に作れそうだったこちらのレシピを参考に作ってみました。

 

追記

余談ですが、ゲウハップサーはベトナム語で書くとNghêu hấp sả
(Nghêu=ハマグリ、hấp=蒸す、sả=レモングラスという意味)

レストランのメニューでは「sảが「xảと書かれていることがあり、すごく気になっていたので、ベトナム語の先生に聞いてみました!先生の答えは「ベトナム人もみんな間違って使っています」とのこと。それを聞いて「そんなに適当なものなの?」と思った記憶が。笑

 

はまぐりのレモングラス蒸し

蓋を開けたら、レモングラスの爽やかな香りがふわ~ん♪
加熱したのは短時間でも、しっかりと風味がついていました。

タレはライム、塩、胡椒のみ。簡単にベトナムの味が再現できました。
酒蒸しもいいけれど、たまにはレモングラス蒸しもいいですね。

2.揚げ豆腐のレモングラスがけに挑戦

次に作ってみたのが、こちらも家庭料理の定番、ダウフー・チェン・サー・オット(揚げ豆腐のレモングラスがけ)。在住日本人でも「これが好き!」という方が多い1品です。

レモングラスは束で売られているだけでなく、みじん切りにされた便利なものをが売っていることも。今回はこちらを使って、揚げ豆腐のレモングラスがけを作ってみましたよ。

レモングラスのみじん切り

レモングラスのみじん切り(sả xay)

sả xay
中身はこんな感じ。これはすぐに使えて便利ですね♪

最初に木綿豆腐を揚げておいて、その後、レモングラスと唐辛子(これは自分でみじん切りしました)を炒めて塩で味付けをしてみました。
炒めている最中、レモングラスのいい香りがキッチン中に広がっていました~。途中で味見をしてみて、何かが足りないと思って醤油を足しました。

揚げ豆腐のレモングラスがけ(自作)

できあがり☆

醤油を結構入れてしまったので、「和風?」とも思える味になってしまいましたが、一応、それらしい料理が出来上がりましたよ。お店の味を自宅で再現するには、まだまだ試行錯誤が必要です。カギはレモングラスの味付けだな~と思いました。

 

おまけ

コップに挿したレモングラス

使い終わったあとのレモングラスを水に差しておいたら、1週間で10cmぐらい伸びました!もちろん、再利用してまた料理に使いました。レモングラスの生命力はすごいですね。