ベトナムで広く普及している久光製薬の「サロンパス」

ベトナムで大活躍!「サロンパス」

ベトナムで広く普及している久光製薬のサロンパス

「農業人口が多いベトナムでは、腰に負担がかかることが多いため、ベトナム人の間で爆発的に普及した」とどこかのサイトで見たことがあります(受け売りの話ですみません)。

ホーチミン在住時は、当時赤ちゃんだった息子を抱っこしていて、抱っこ紐がくいこんだ肩の痛みをやわらげようと、ときどき、サロンパスのお世話になっていました。

一番上の写真(箱入り)の値段は12枚入りで12,000ドン(約56円)でした。

o0640048012695577951

サロンシップもあります。
こちらはサイズが大きく伸縮性があるので、肘や膝など曲げ伸ばしをするところにもぴったりフィットします。値段はサロンパスと同じで、2枚入りで12,000ドン(約56円)。

 

 

さて、このサロンパス。街角の薬局ではじめて買ったとき、「湿布」のベトナム語をあらかじめ調べておき、メモを見せて店員さんに見せたのですが、まったく通じませんでした。

ジェスチャーで「肩が痛い」ということを伝えると、店員さんは曲げた肘に手を当てて「あぁ、ココのことね!」というようなことを言っていました。

そして出されたのがサロンパスだったのです。以降、買うときは「サロンパス」とだけ言うようになりました。ベトナム人にはこれでバッチリ通じると思いますよ。

ベトナムでは「HONDA」がバイクの代名詞となっているように、
湿布といえば「SALONPAS」なのでしょうか?

ベンタイン市場から見える広告

o0640048012695577952

こちらはベンタイン市場前のロータリーから見えるサロンパスの広告です。

※広告は常に変わるので、現在はないかもしれません。

o0640048012695577953

拡大

話は変わりますが、残念ながらベンタイン市場前のロータリーは、2020年完成予定の地下鉄工事にともない、なくなってしまうそうです。 完成は下の図のようになる予定です。

o0775051613074806408

街角で見つけたサロンパスの広告

ホーチミンの街を歩いていると、サロンパスの幕を掲げた薬局を見かけることがあります。

o0640048012695578510

@ファンボイチャウ通り(1区)

o0640048012695578509

@ハムギー通り(1区)

o0775051612758883951

@コンクイン通り(1区)

o0775051612773357576

@グエンティミンカイ通り(1区)

o0640048012695577955

@グエンタットタン通り(4区)

o0640048012735734347

@チャンクオックタオ通り(3区)

 

日本のサロンパスが、ベトナムの人たちの肩こりや筋肉痛をほぐしているのかぁ~と思うと、なんだか嬉しくなります!「がんばれ!サロンパス」と応援したくなりますね!!