ベトナムで南国フルーツを手軽に楽しむ方法5つ☆

ベトナムは南国フルーツが豊富でおいしい♪

そのまま食べたり、ジュースにして飲んだり。
いつでも手軽に楽しむことができます!

そして、5~7月に旬を迎えるフルーツが多いです。
ホーチミンの気候で5月は一番暑いときですが、旬のフルーツを楽しめるのが醍醐味!

そこで今回はベトナムで南国フルーツを楽しむ方法を5つ紹介したいと思います。

 

1.市場、スーパーで買って楽しむ

市場やスーパーに行くと、果物売り場に珍しい南国フルーツがたくさん積まれています。量り売りなので、好きなだけ袋に入れて買うことができます♪

こちらは、おすすめのベトナムフルーツ、Vu Sua(ミルクフルーツ)
みずみずしい食感で、味は柿に似ています。

食べる前に皮の上からモミモミして柔らかくするのが特徴で、切ると中から乳白色の果汁がじんわ~りと出てきます。

ベトナムは他にもグァバ、レンブ、サポジラ、ランブータン、ドリアン、ジャックフルーツ、竜眼、釈迦頭など、日本ではあまり見られない珍しいフルーツが豊富です。

☆南国フルーツの紹介記事はこちら

2.カットフルーツで手軽に楽しむ

街で見かけるカットフルーツの屋台。

旅行で訪れた場合、せっかくフルーツを買ってもナイフがないと食べられませんが、これならすぐ食べられますね(衛生面が気にならなければですが…)。

カットフルーツはコンビニやスーパーでも売られていますよ。

ザボンやパイナップルなど酸味のあるフルーツには小袋に入った赤い唐辛子塩(Muoi Ot)が付いてきます。スイカに塩をかけて食べると甘く感じるように、これをつけて食べると甘さが増すようです。

3.ジュース、シントーで楽しむ

フレッシュジュースやベトナム風フルーツシェイクのシントー(Shinh To、ベトナム語で“ビタミン”の意味)は、暑い中、乾いた喉を潤すのにぴったり。おいしく水分&ビタミン補給しましょう☆

写真左はアボカドのシントー、右はパッションフルーツジュースです。

フレッシュジュースは街角のジューススタンド、路上屋台、カフェなどで飲めますよ。

左はサイゴン大教会近くのジューススタンドで買ったミックスジュース、右はマックディンチー(Mac Dinh Chi)通りの屋台で買った生搾りオレンジジュース(Nuoc Cam)です。

こちらは「M2C Cafe」で飲んだココナッツウォーター(Nuoc Dua)

新鮮なココナッツウォーターが安く飲めるのもベトナムの魅力!

カフェでココナッツウォーターを飲むと1つ4~5万ドンぐらいしますが、路上の屋台や果物屋さんだと1~2万ドンで買うことができます(郊外だと1万ドンをきるところも)。

4.ベトナム風デザートで楽しむ

Trai Cay To

リートゥチョン(Ly Tu Trong)通りの路地裏にある屋台では、10種類以上のフルーツを使ったヘルシーなフルーツヨーグルト(Trai Cay To)が食べられます。

一度にたくさんのフルーツが楽しめるのでおすすめです☆

こちらは、チェー専門店「CHE MY 2」のジャックフルーツ入りのチェー

チェーのお店は他に「Xoi Che BUI THI XUAN」「Che Nam Bo」「Be Che」などがあります。

こんなふうに屋台で売っていることもありますよ。

5.アイスクリームで楽しむ

疲れたときは、冷たくて甘いアイスクリームなどいかがでしょうか。

アイスクリームカフェ「Kem BACH DANG」にはさまざまなアイスがありますが、一番人気はくり抜かれたココナッツの中にアイスとフルーツが盛られたKEM TRAI DUA。

フランス人オーナーが1994年に創業したアイスクリーム専門店「Fanny」では、南国フルーツを使ったアイスが豊富で、1スクープから気軽に注文できます♪

 

ベトナムに来たら、お好きな方法で南国フルーツを堪能していってくださいね☆