旬は6月!みずみずしく上品な甘さ、Vai(ライチ)

ホーチミンでは5月下旬から7月上旬頃まで出回る生ライチ

ベトナム語ではヴァーイ(Vai)といいます。

ライチは北部で採れるので、北部のほうが長く(そして、安く!)楽しめるようです。

 

 

楊貴妃も愛したといわれるライチは、在住者が楽しみにしているフルーツのひとつ。

ライチはそれほど好きではなかったのですが、ベトナムに来てから変わりました。

ベトナムではじめて生のライチを食べてから、すっかりそのおいしさの虜に!!

旬が短いので、この時期は毎日夢中で生ライチを食べていたものでした。

※その代わり食べ過ぎ注意!「ライチ病」で検索してみてください

みずみずしく、上品な甘さがおいしい生ライチ。

新鮮なライチは香りが強く、果汁たっぷり!です。

出始めのライチはこのように果皮が黄緑がかった色をしています。

在住時は洗ってから枝ごと冷蔵庫に保存して、毎日少しずつ食べていました。

価格は、路上でフルーツ売りの女性から買う場合、時期にもよりますが、1kgあたり30,000ドン(約150円)~80,000ドン(約400円)ほど。旅行者の方ならスーパーのほうが買いやすいかな~と思いますが、路上で買ってみるのもきっと面白い体験になるでしょう。

※30,000ドンは、旬の終わりの雨の日に買ったときの価格です

皮は手でもむくことができますので、ナイフがなくても食べることができますよ☆

6月にベトナムに行かれる方は、ぜひ生ライチを味わってみてくださいね。

 

その他の南国フルーツの記事はこちら