ホーチミン観光でまず抑えたい!熱気と活気に溢れた市場「ベンタイン市場」

ベトナム南部に位置する商業都市・ホーチミン市で最も大きな市場であり、観光スポットとなっている「ベンタイン市場」。

はじめてホーチミン市を訪れた方は、一度は足を運ぶことになるでしょう。

旅行者向けの市場ですが、生鮮食品や日用品も売られていて、地元の方も利用しています。

価格は割高ですが、なんでも揃い、他の市場にはない珍しい野菜(旅行者の方は買わないと思いますが・・・)も売られています。

ベンタイン市場の特徴

  • フランス様式の建物
  • 熱気と活気がすごい
  • 日本語、英語を話せる店員さんが多い
  • 全体的に値段は高めで値引き交渉が必要
  • 食堂街はいろいろなベトナムグルメを安価で楽しめる
  • 現地の方とコミュニケーションを取りたい方におすすめ
  • 夜は市場外でナイトマーケットが開催される

 

 

ベトナム語では、Chợ Bến Thành (チョー・ベンタン ※北部の発音ではチョー・ベンタイン)といいます。「チョー」は市場という意味です。

Wikipediaによると、

1907年に建設が決定し、1914年に完成。第二次世界大戦時に大きな被害をうけ、1950年に改修が行われ現在に至る。

とのことで、100年以上の歴史がある市場のようです。

市場内には1,000を超える個人商店がひしめいています!

 

市場は正門(南門)、東門、西門、北門のどこからでも入ることができます。写真は東門。

こちらは市場向かいのカフェから見た西門。

話が脱線しますが、ここから伸びるグエン・アン・ニン(Nguyen An Ninh)通りは長さ100mほどの短い通りなのですが、ムスリム街になっていて、通りを歩いている方もムスリムの方が多いです。

“ハラール・フォー”などムスリムの方向けの食事を提供するお店、ヒジャブなどの衣料品を売るお店、ハラール・コーヒーを売るバイク屋台などが出ています。

ホーチミン市にいるだけで異国を感じますが、ここに来るとさらに異国感を感じることでしょう。

こちらは北門。

北門の並びにはフルーツやお花を売るお店が並んでいます!

 

【動画】北門から入り、生鮮食品売り場へ


縦で見づらくてすみません。。。

 

市場内の様子。独特のにおいと蒸し暑さで、1時間回ると疲れてしまうかもしれません。。。

量り売りで買えるお茶。

ヘアアクセサリー。

お土産にぴったりなベトナムらしい雑貨。

値引き交渉が苦手な方は、どんなお土産があるのか全体像を知るためにぐるりと見て回る、という利用の仕方がいいかもしれません。

漆器、スカーフ、お箸、ココナッツの殻を使った器など。

民族衣装の布を使ったバッグ類。

 

 

わたしのおすすめは食堂街です。

呼び込みがすごいので圧倒されてしまうのですが、市場散策に疲れたときに、チェー(ベトナムの伝統的なデザート)などを食べて休憩すると、パワーが復活して、また見て回る気力が湧いてきます。

食堂街でおすすめの2店☆
ベンタイン市場の食堂街にあるチェーの人気屋台「Be Che」
フエの宮廷料理“バインベオ”が手軽に楽しめる屋台@ベンタイン市場

19時頃からは市場の両脇の通りでナイトマーケットが開催されます。詳細はこちら

ナイトマーケットでは食事ができる場所もあり、このように豪快にお肉やお魚を焼いています!

東南アジアの夜風に吹かれながら、さっぱりした飲み口のベトナムビールを片手に屋台のベトナム料理を食べるのも、楽しい旅の思い出となるでしょう。

 

こちらもあわせてご覧ください。
フォーのスープの素もあります!ベンタイン市場のスパイス屋さん「BA TAM」
ベンタイン市場周辺で両替するならココ!おすすめの2店

 

その他の市場の記事一覧はこちら

 

ベンタイン市場(Cho Ben Thanh)
営業時間:7:00〜19:00頃 ※店舗によって異なる

 

スポンサードリンク

シェア!