【ベトナム・インスタント麺図鑑】~第24回 BUN BO HUE~

第24回 VINA ACECOOK「BUN BO HUE」

不定期更新でお送りするベトナム・インスタント麺図鑑。

☆第1回~第23回までの過去記事はこちら

今回ご紹介するのは、VINA ACECOOKの「BUN BO HUE(ブンボーフエ)」です。

ブンボーフエ(bún bò Huế)とは?

ブン(bún)=米麺、ボー(bò)=牛肉、フエ(Huế)=ベトナム中部の古都。
レモングラスと赤唐辛子が効いた少し辛いスープに、ブンや牛肉や他の具が入り、そこにお好みでたっぷりの野菜を入れて食べるフエの名物麺。

袋の中身は?

インスタントのブンボーフエ

中には米麺、粉末スープ、ペースト状の調味料、香味オイルが入っています。

ペースト状の調味料にはレモングラス&チリが入っています。

カロリーは1袋(73g)あたり258kcalとヘルシーです。

インスタントのブンボーフエ

器にすべてのものを入れ、熱湯を約400ml注いでフタをし、5分待ってできあがり。

日本の冬の温度ではオイルが固まっていたので、フタの上にのせて温めました。

感想

インスタントのブンボーフエ

麺のコシ度:★★★☆☆
本 格 度:★★★★★
おすすめ度:★★★★☆

具は牛肉、ねぎ、パクチーが少々。

スープは薄味ですが、レモングラスの香りがしっかりとあります。

そして、結構辛いです!

ホーチミンで食べるブンボーフエのブン(米麺)は太めですが、こちらはインスタント麺?用に細めとなっています。

そういえば、フエで食べたブンボーフエは意外にも細麺でした。

最近は、フエでも細麺のお店が増えていると聞きます。

ba tuyetのブンボーフエ

フエで食べたブンボーフエ@「Ba Tuyet」

 

インスタント麺ですが本格的な味で、現地で食べるブンボーフエを思い出しました!

これにモヤシやライムを加えたら、さらにおいしく食べられそうです。