カメラ屋街でレンズを修理するの巻。

約1週間のホーチミン旅行。

初日は問題なく動いていたカメラ(オリンパスペン Lite E-PL6 )が、2日目の朝になって突然壊れてしまいました。

電源を入れると、カタカタと音がして、レンズ部分が伸びたり縮んだりするのです。

シャッターを切ると、ピントがちっとも合わず、ぼけた写真になってしまいます。

 

・・・これは困った!!

 

そこで、すがる思いで、カメラ屋さんの集まるフィントゥックカン通り(Huynh Thuc Khang)へ行ってみることに。

 

 

以前、レンズキャップを買ったお店は移転し、ミルクティーのお店になったので、他のお店を探すことに。話はそれますが、この辺りはカメラ屋街というよりミルクティー屋街と言ったほうがいいほど、台湾系ミルクティーのお店が増えていました。

ミルクティーのお店が並んでいます

3軒回って、カメラを見せて状況を説明し、修理できるかどうか聞いてみました。

 

 

  • 1軒目
    「修理はできないけど、部品を取り寄せられるよ。40万(約2,000円)ドンね」
  • 2軒目
    「修理はできない。ズームできないもので良ければ、今すぐ部品を交換できるよ。価格は200万ドン(約1万円)」
  • 3軒目
    「修理もできないし、部品もないわ」

 

そこで、最初に入った「HUY(フイ)」というお店で部品を交換してもらうことに。

場所はオールドマーケット(青空市場)の入口のすぐ右隣です。

お店のお兄さんによると「明日の朝9時に来て!」とのこと。

その日は諦めてスマホで撮影をしました。

 

 

そして、翌日の朝9時すぎ。

10時から料理教室があったので、開店時間に合わせてタクシーで急いでお店に向かいました。

すると、「まだできてないから、午後3時に来て」との返答が。

ベトナムあるあるですね・・・

どうやら、部品交換ではなく、修理することになったようなのです。

店内奥の「sửa」と書かれた修理室に通されて(sửa=ベトナム語で修理の意味)、

お兄さんが「ほら、今修理してるから!」と作業現場を見せてくれました。

日本で修理したら結構高くつきそうですが、40万ドン(約2,000円)で直してもらえるならありがたい!

はやる気持ちを抑えて、冷たいミルクティーを買い、料理教室に向かいました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

そして午後3時。

「今度こそは!」と再び訪れたところ、カメラはしっかり直っていました。

壊れたおかげで(?)良い経験ができました。お兄さん、ありがとう!!

 

HUY(フイ)
住  所:27 Huynh Thuc Khang , District1 , HCMC
T E L :0909-272-818
営業時間:9:00~20:00