サイゴン大教会に集まる鳩

サイゴン大教会に集まる鳩

ホーチミンの代表的な観光スポット、サイゴン大教会

朝7時頃に訪れると、教会周辺にたくさんの鳩(chim bồ câu)がいました。

平和のイメージがあり、シンボルとして使われることが多い鳩。

日本では逆に武士が戦いの神として崇めていた存在だったそうですが、明治維新以降、西洋思想が入ってきた中で、平和と愛のシンボルになっていったのだとか。

サイゴン大教会に集まる鳩

 

 

サイゴン大教会に集まる鳩

鳩は、特に聖母マリア像のまわりに集まっていました。

サイゴン大教会に集まる鳩

鳩に餌をやる男性。

サイゴン大教会に集まる鳩

白、黒、グレーといろいろな鳩が集まっていました。

サイゴン大教会に集まる鳩

地元の人や観光客も餌をやっていました。

サイゴン大教会に集まる鳩

人懐っこく、近づいても逃げません!

 

フランス統治時代やベトナム戦争など激動の歴史を歩んできたベトナム。

ホーチミンを代表する場所に平和のシンボルが集まっているのを見て、感慨深い気持ちになりました。