ハイバーチュン通り×レタントン通りの角にあるバインミー屋台

フーンさんのバインミー屋台

ホーチミンの街の至るところにあるバインミーの屋台。

バインミー(Banh mi)とは?
フランス統治時代に生まれたバゲットサンド。
フランスパンにパテとバターを塗り、ハムや目玉焼きなどメインの具、なます、パクチー、きゅうりなどをはさんだもので、ベトナムのソウルフードとも言える食べもの。

banh mi

 

 

今回は、ヴィンコムセンターや市民劇場の近くにあるバインミー屋台を紹介します。

 フーンさんのバインミー屋台

場所はハイバーチュン(Hai Ba Trung)通りとレタントン(Le Thanh Ton)通りが交わる交差点の北東角。

お菓子やお水、日用品などを売る個人商店の前で営業しています。

斜め向かいにはローカル麺食堂「Quan An BAC HIEN(クアン・アン・バックヒエン)」があります。

 

お店は13時頃から22時頃まで営業。

フーン(Phuong)さんという女性が切り盛りしています。

道路沿いにあるので、バイクにまたがったまま、サッと買って行くひとも。

 フーンさんのバインミー屋台

調理スペースを見せてもらいました。

マヨネーズ、パテ、細ネギ、パクチー、きゅうり、大根とにんじんのなます、玉子、チャーシュー、チリソース、ソーセージなどさまざまな食材が並んでいます。

わたしは玉子(目玉焼き)のバインミーを注文。価格は1つ15,000ドン(約75円)でした。

バインミーの具の玉子は、どこの屋台も大抵その場で焼いてくれるので、ふわふわで熱々で、本当においしいです!

調理スペースにカセットコンロがあり、そこで焼いてくれるのですが、フーンさんの屋台にはカセットコンロが・・・・・・ない!

一体、どこで焼くんだろう?と思って見ていたら、

 フーンさんのバインミー屋台

下の扉を開けたところにカセットコンロが設置してありました!

 フーンさんのバインミー屋台

玉子2つを割り入れて焼いてくれました。

玉ねぎの薄切りを加えるのがフーンさんのバインミーのポイント!?

また、フランスパンにざくざくと切り目を入れたあと、パンの内側に軽く塩こしょうを振っていました。

最後に「唐辛子入れる?」「ヌックトゥーンは入れる?」など聞いてくれました。

※ヌックトゥーン(Nuoc tuong)・・・ベトナムの大豆醤油。日本の醤油ほどしょっぱくなく、まろやかな味。

 

 

 フーンさんのバインミー屋台

できあがった玉子のバインミー。

パテとマヨネーズは入っていませんでした。

たっぷりの細ネギ、シャキシャキ食感の玉ねぎ、黄身が半熟の目玉焼き、ヌックトゥーンの味があいまって、シンプルながらもとてもおいしいバインミーでした。

パテが好きなので、追加で入れてもらえばよかったなあ。

フーンさんがプラスチックの低い椅子を屋台の横に置いてくれ、「ここで食べていきなさい」と。お言葉に甘えて、椅子に腰を下ろし、交差点を眺めながらできたてのバインミーをほおばりました。

 フーンさんのバインミー屋台

食べていると、フランスパン屋さんがパンの納品に来ました。

時間を見ると、ちょうど15時。

「毎日15時に納品があるのかなあ」なんて思いながら、フーンさんに「いま、何本ぐらいフランスパンが納品されたのですか?」と聞いてみたら、「30本よ」と。

「一日で何本ぐらい売れるんだろう?」とちょっと気になりました。

 

朝食やおやつに、バインミーが手軽に食べられる文化は本当にいいですね。

 

こちらもあわせてご覧ください。
バインミーに関する記事一覧
お気に入りの味を見つけよう♪バインミーの具10選 ※おすすめ
ドンコイ通り周辺でバインミーを食べるならココ!厳選11店【MAP付】 ※おすすめ
ホーチミンで一番おいしい!(と思う)バインミー屋さん「BANH MI HUYNH HOA」 ※おすすめ

 

フーンさんのバインミー屋台
住  所:Nga tu Hai Ba Trung va Le Thanh Ton , District1 , HCMC
営業時間:13:00~22:00