スコール前のベトナム人の動き

4、5月が1年のうちで1番暑いホーチミン。

そして5月頃から10月頃までが雨季となります。

雨季には、毎日ではないですが、スコールが降ります。
わたしが住んでいたとき、雨が降るのは午後の早い時間や夕方が多かったです。

雲行きが怪しくなってきてからが早くて、ポツポツ雨が降り出したな~と思ったら、あっという間に強く激しい雨に変わります!

 

 

ベトナム人はスコールに慣れていて、雨が降りそうになると、途端にテキパキと動き出します。

空模様だけではなく、彼らの動きを見ても、「あ、これからスコールが降るんだな!」と分かります。

 


シートに並べていた商品を一斉に片づけ出す露天商

バイクを路肩に止めて雨ガッパを着用する女性


商品にビニールシートをかけている女性

 

横殴りの強い雨なので、傘をさしても全く意味がないです・・・。

そういうときは潔く諦めて、近くのカフェなどお店に入ってコーヒーを飲んだりして、おとなしくスコールが止むのを待ちます。

スコールが降ると、東南アジアにいることを実感しますね~。