3区の路地裏でにぎわう北部風フォーのお店「PHO DAU」

目指すは“Nam Ky Khoi Nghia通り288番地”

以前、情報誌で「高級車に乗って食べに来るお客さんがいるフォー専門店」といった記事を読んで、一度行ってみたいと思っていた「PHO DAU(フォー・ヤウ)」。

3区のNam Ky Khoi Nghia通り288番地の路地裏に、そのお店はありました。

細い路地を入っていくと、想像していたよりも広い空間が広がっていて、そこは駐輪場となっていました。

わたしが訪れたときは高級車は停まっていなかったようです。

お店はさらにその奥、路地のつきあたりにあります。

店舗手前の通り沿いにはテーブルがずらりと並んでいました。

朝食にと8:00頃に訪れたのですが、ざっと見渡してみて、100人ぐらいのお客さんがいたのではないかと思います。

出勤前だと思われる方、家族連れの方など客層はさまざま。

スタッフが5〜6名、キッチンと客席を行ったり来たりして忙しそうに動いていました。

午前のみの営業にもかかわらず、路地の入口からは想像がつかないほどにぎわっていました。

店舗の入口。入口の右手にも細い路地が延びていて、わたしはそちらのテーブル席へと案内されました。

 

着席

日陰で少し涼しく感じる席へ座ると、5歳ぐらいの女の子&ママと相席に。

上空にはブーゲンビリアの花びらがひらひらと舞っていて、ゆっくりと地上に落ちていく姿が儚げ・・・。

相席になった親子は朝食を食べによくここに来ているそうで「いつもこんな(にぎやかな)雰囲気よ」と教えてくれました。

 

注文を取りに来たおじさんは日本語が少し話せる方で、こちらが日本人だと分かると「ニホンゴ ムズカシイネー」などいろいろと話しかけてくれました。

卓上にあったレトロなポット。

卓上調味料はライム、唐辛子、チリソース2種(大きいボトルのものが特に辛い)、砂糖、胡椒、酢、ヌックマム(日本の醤油ビンに入っていました!)が置かれていました。

 

北部風のフォー

牛肉のフォー 80,000ドン(約400円)

運ばれてきたフォーは牛肉、パクチー、ねぎのみが乗ったシンプルなもの。

付け合わせは玉ねぎのスライスのみで、ハーブ類はありません。

どうやら北部風のフォーのようです。

北部風・南部風のちがい

北部風のフォー

北部風ネギたっぷりのフォー
旨味が凝縮された濃厚なスープが主役。
具は肉と玉ねぎ、青ねぎ(パクチー)程度とシンプル。

南部風のフォー

南部風香草たっぷりのフォー
薄めで甘めのスープを卓上の調味料で自分好みの味に調えて食べる。
野菜(もやし)やハーブがどっさりと添えられる。

スープは甘くなく、まろやかで旨味がつまっていました。

麺や牛肉に対しては特に何も感じず、とにかくスープが命!といった印象を受けました。

卓上の砂糖は、甘い味を好む南部の方向けに置かれているようです。

お好みで玉ねぎやライムなどを添えて。

途中でお店のおじさんが「オイシイ?」と聞きに来ました。

少し割高ですが、スープがおいしいフォーなので、近くに寄られることがあれば試してみてもいいかもしれませんね。

ベトナム人にまじって、にぎやかな朝食を楽しめると思います。

 

PHO DAU(フォー・ヤウ)
住  所:Hem 288 Nam Ky Khoi Nghia  , District3 , HCMC
T E L :028-3846-5866
営業時間:6:00~12:00

スポンサードリンク

シェア!