ホーチミン3区・グエンディンチュウ通りにあるフォー専門店「Pho Thin」

明るくきれいなフォー専門店

3区のグエンディンチュウ(Nguyen Dinh Chieu)通りにあるコープマートで買い物をする前に、コープマートの隣にあったフォーのお店で朝食をとることに。

「あれ?店名がハノイの有名店と一緒だ・・・系列店かな?」と思いながら入店。

参考記事
【ハノイ】こってり味のスープが絶品!牛肉フォー専門店「PHO THIN」

 

店内に入ってみましょう

入口

店内は広々としていて、とてもきれいです。

壁一面にハノイと思われる風景の絵が描かれていました。よく見ると立体的!

柱を電柱に見立てて塗装していて、凝った店内になっていました。

メニュー

メニューは、フォーを中心に、おこわ(Xoi)があります。

フォーは牛肉のフォーのみ。

(メニュー上から)

  • xot vang(ソットヴァン、ワイン煮込みソース。他のお店では“sot vang”と書いているところが多いです)
  • tai(タイ、半生牛肉)、chin(チン、よく火を通した牛肉)、gau(ガウ、肩バラ肉)、gan(ガン、牛スジ)、bap(バップ、スネ肉)
  • thap cam(タップカム、ミックス)
  • tai lan(タイラン、軽く炒めた薄切り牛肉)
  • tai lan bap , gan , gau(タイランバップ・ガン・ガウ、軽く炒めた牛スネ肉・牛スジ・肩バラ肉)
  • ap chao(アップチャオ、牛肉入りあんかけフォー)
  • xao(サオ、薄切り牛肉入り炒めフォー)
  • xao bap(サオバップ、牛スネ肉入り炒めフォー)
  • thit them(ティッ(ト)テーム、牛肉追加)
  • nuoc tiet(ヌックティエッ(ト)、スープ追加
  • hot ga(ホッ(ト)ガー、生卵) ※スープの中に入って出てきます
  • Xoi xeo(ソイセオ、緑豆と揚げネギのおこわ)→詳細はこちら
  • Xoi ( thit , cha , trung ) おこわ(肉、ハム、玉子)
  • Xoi xeo ( thit , cha , trung ) 緑豆と揚げネギのおこわ(肉、ハム、玉子)
  • Quay(クアイ、揚げパン) ※スープに浸して食べます
  • Khan lanh(カンラン、おしぼり)

 

一般的な牛肉のフォーを注文するなら、「Pho tai」または「Pho chin」になります。

好きな部位や調理法を指定したいときは「Pho」のあとに「gau(ガウ、肩バラ肉)」や「xao(サオ、炒める)」などの言葉をつけて注文してみてくださいね。

 

ホーチミンにある「Pho Thin」の味は?

お好みでフォーに入れて食べるハーブはオリエンタルバジルとノコギリコリアンダーの2種類。

ほかに生のもやし、チリ、ライムが添えられていました。

南部の方の好みに合わせたのでしょうか、種類は多くないものの、ハーブが添えられていました。

卓上に置いてある調味料も、酢漬けのにんにく、甘味噌、チリソースなど南部スタイル。

北部(ハノイなど)・南部(ホーチミンなど)のフォーの違いとは?
北部・・・旨味が凝縮された濃厚なスープが主役。具は肉と玉ねぎ、青ねぎ(パクチー)程度とシンプル。
南部・・・薄めで甘めのスープを卓上の調味料で自分好みの味に調えて食べる。ハーブがどっさり添えられる。

 

 

わたしは牛スジが好きなので「Pho gan(フォー・ガン)」を注文しました。

価格は1杯55,000ドン(約275円)でした。

スープにはあらかじめネギとパクチーが入っていました。

「Quay(揚げパン)」は注文しなくても運ばれてきます。

食べたら料金を支払うシステムです。

よく煮こまれた牛スジがおいしかったです。

スープは北部テイストで、甘くありませんでした。

あっさりしていて朝からするすると食べられました。

ベトナム人のようにチリやハーブを入れて、味の変化を楽しみました。

ハノイの「Pho Thin」とは味が違い、内装などからしても系列店ではないかな・・・と感じましたが、きれいな店内で落ち着いてフォーを食べたいときにいいと思いました。

ベトナム人には人気のようで、食べていると、何組か家族連れやカップルがフォーを食べに来ていました。

 

Pho Thin(フォー・ティン)
住  所:170 Nguyen Dinh Chieu , District3 , HCMC
T E L :028-3993-9559
営業時間:7:00~14:00、16:00~22:00