【番外編】本格的な味をランチで!ベトナム料理店「コムゴン」(京都市中京区)

コムゴン@京都

京都のベトナム料理店

10月に京都へ1泊2日旅行をしたときに、京都でベトナム料理を食べてみたくなり、ネットで検索して知ったお店「コムゴン」を訪れました。

コムゴン@京都

地下鉄烏丸線「四条駅」で降りて、大通り(烏丸通り)を歩き、路地(蛸薬師通)へ入ったところにお店はありました。

コムゴン@京都

黄色の壁がホイアンを思わせます。ベトナム国旗が出ているので、路地を入ったらすぐに分かると思います。

コムゴン@京都

店頭には屋台風ショーケースが出ていて、中にはバインセオや生春巻きの食品サンプルが。

ベトナム料理の食品サンプルって初めて見たかもしれません。

 

 

店内に入ると、入口横にガラス張りのキッチンがあり、ベトナム人シェフ3人が調理をしている様子が見られました。

そのまま奥へ進むと客席があり、ほぼ満席。にぎわっており、着席したあともお客さんが次々と入店されていました。

コムゴン@京都

かばん置き場として、プラカゴが使われていました。

ノンラー(菅笠)など、ベトナム雑貨が飾られた内装がかわいらしい雰囲気。

お客さんは女性だけでなく、男性1人や、ビジネスマン2人組、年配の方やファミリーなど年齢層が幅広い感じがしました。

コムゴン@京都

メニュー。ランチセット(11:30〜17:00)は10種類ほどあり、すべて1,000円以内。

プラス100円で、麺またはご飯を大盛りにしてもらえます。

バインカン(タピオカ粉入りのもちもちした麺)やフーティウ(コシのある細米麺)まであり、どれにしようか迷ってしまいました。

麺料理のセットには、サイドメニューに「柔らか煮豚と高菜の甘辛炒め御飯」と「ヘルシーサラダ エビセン付き」が、ご飯もののセットにはスープやサラダ(メニューによって異なります)が付いていました。

ランチセットメニュー

  • フォーガーランチ  930円
  • フォーボーランチ  970円 
  • バインカンランチ  930円
  • フーティウランチ  950円
  • ブンボーランチ   980円
  • ブンチャーランチ  930円
  • ブンティットランチ 950円
  • カレーランチ    900円
  • コムガーランチ   930円
    (鶏の唐揚げスパイシーチキンのっけごはん)
  • サイゴンランチ   930円
    (甘辛鳥挽き肉のせ まぜまぜご飯 半熟目玉焼きのせ)
  • コムスンランチ   950円
    (軟骨豚とトントロ肉の焼き肉のっけごはん)

 

ランチ3種類を紹介

コムゴン@京都

フォーガーランチ

鶏肉のフォーに、えびせん付きサラダ、柔らか煮豚と高菜の甘辛炒め御飯付きです。

フォーのスープはシナモンの香りが強めで、味も濃いめに感じました。

ほろほろ食感の鶏肉は細く裂かれていて、スープが染み込んでいました。

麺の上にはネギともやしが。お好みでノコギリコリアンダーとレモンを加えていただきます。

日本風のミニ丼は、甘辛味でとろとろ食感の角煮がとてもおいしかったです!

上にのっている砕いたピーナッツがよりおいしさを引き立てていました。

コムゴン@京都

ブンボーランチ

ブンボー(フエ)は、ベトナム中部の古都・フエ名物の麺。

ブン(bún)=米麺、ボー(bò)という意味です。

レモングラスと赤唐辛子が効いた少し辛いスープに、ブンや牛肉やその他の具が入り、そこにお好みでたっぷりの野菜を入れて食べます。

さまざまな材料からだしをとる複雑な風味のスープがおいしい麺料理で、ベトナム全土で人気があると思います。

こちらのブンボーのスープはベトナムで食べる味と同じで、とてもおいしかったです。

わたしは甘い味を好むホーチミンで食べていたからか、それらよりは甘みが少なく、酸味を強く感じるスープでした。

コムゴン@京都

コムスンランチ

甘辛味を付けて焼いた豚肉をご飯にのせた、ベトナム南部の料理。

お肉を焼くのに10分ほどかかるようで、注文時に「時間は大丈夫ですか?」と確認がありました。

お肉は豚トロと軟骨の2種類が使われていて、コリコリの軟骨と、ジューシーな豚トロが楽しめました!

別添えのヌックマム(ベトナムの魚醤)はお好みでかけますが、そのままでもおいしいです。

付け合わせは卵とひき肉の蒸しもの、大根と人参のなます、レタス、トマト、えびせん。

スープは卵、きくらげ、人参、ネギ入りのかきたま汁のようなやさしい味。

ごはんを食べ進めながら、箸休めをするのが楽しいです。

ご飯はタイ産のインディカ米を使っているそうです。量が多めなので、男性にもいいと思います。

コムゴン@京都

食後はアイスの練乳入りベトナムコーヒー(300円)を。

店員さんが目の前でフィルターにお湯を注いでくれ、そのまま待つこと数分。

コーヒーが落ちきったら底にたまっている練乳とよく混ぜて、氷入りのグラスの上から注ぎます。

コムゴン@京都

できあがり!

 

どの料理もおいしく、満足度が高かったです。

京都でベトナム料理を食べたことも旅の思い出となりました。

いつも混んでいるようですので、行かれる前に予約をしたほうがいいかもしれません。

 

コムゴン
https://c511601.gorp.jp/
住  所:京都府京都市中京区蛸薬師通烏丸東入一蓮社町304
T E L :075-223-3337
営業時間:11:30~15:00、17:30〜23:00(L.O.22:00)

スポンサードリンク

シェア!