黒糖のような甘さの南国フルーツ、Sa Bo Che(サポジラ)

サポジラ

 

南国フルーツが豊富なベトナム。
今日はSa Bo Che(サポジラ)というフルーツを紹介します。

 

 

ベトナム南部では「Sa Bo Che」や「Xa Bo Che」、
北部では「Hong Xiem」と呼び方が変わるサポジラ。

 
和名は「チューインガムノキ」で、木の樹液を煮詰めて
固めた天然成分「チクル」がガムの原料になるのだとか。

 

サポジラ

サポジラはこんな形をしています。直径は7~8cmぐらいで、たまご型です。

 
見た目はつるんとしたジャガイモのようですね。

スーパーマーケットで2個16,000ドン(約75円)で買いました。

サポジラを切ったところ

切ってみると、柿そっくり!

 
果肉はとても柔らかいですが、食感は洋梨のようにザラザラしています。

味はシロップ漬けの柿、もしくは干し柿のよう
酸味が全くなく、甘みがとても強いです(黒糖に似た甘さ)。

旅行や出張でベトナムを訪れた場合は、フルーツそのものを買うことは難易度が高いかもしれません(皮をむく必要があるため)。屋台やお店によって置いていないところもありますが、そんなときはシントー(ベトナム風スムージー)で試してみてはいかがでしょうか。