【ハノイ】1871年創業の老舗店!白身魚とディルの油鍋「CHA CA La Vong」

ハノイ名物のチャーカー・ラヴォン

北部ハノイの名物グルメ、チャーカー・ラヴォン(cha ca la vong)

ターメリックなどで味付けした川魚を揚げ焼きし、たっぷりのディル(香草)と青ねぎを加えて炒めた料理です。

チャーカー通り

ハノイの旧市街にある“チャーカー通り”。

通り沿いに数軒、チャーカー・ラヴォンの専門店が並んでいますが、その発祥といわれるのは14 Cha Ca(チャーカー通り14番地)にあるお店です。

チャーカー・ラヴォンのお店
創業は1871年。外観からも老舗の雰囲気が伝わってきます。

(左側のお店は、おそらく別のお店だと思われます。。)

お店の名刺には、ハノイにあるもう1店舗(107 Nguyen Truong To)とホーチミンの支店(3 Ho Xuan Huong)の住所が書かれていました。

 

メニューはチャーカー・ラヴォンのみ!

案内されるまま2階に上がり、席に座るとすぐに、英語で書かれた名刺サイズのメニューが出てきました。

メニューといっても、料理はチャーカー・ラヴォンのみ

1人前170,000ドン(約820円)で、人数分を注文します。

チャーカー

はじめに、揚げ焼きされた魚が鍋ごと運ばれてきます。

チャーカー

そこに、ディルと青ねぎをたっぷり炒め合わせてできあがりです!

チャーカーのトッピング

ブン(米麺)、トッピング(香草&ピーナッツ)、ヌックマムのたれ。

マムトム

チャーカー・ラヴォンのたれといえば、海老の発酵調味料“マムトム”

クセのあるマムトムはベトナム人でも苦手な人が多いです。

わたしが訪れたときは、最初から食べやすいヌックマムのたれを持ってきてくれました。

マムトムに挑戦してみたい人は店員さんにお願いして、一緒に持ってきてもらいましょう。

チャーカー

チャーカーを盛ったおわんの中に、これらを好きなだけとっていただきます。

最初は鍋にたまった油の量を見てびっくりしましたが、食べてみると意外とさっぱり。

ホーチミンで食べたときも「おいしい!」と思いましたが、こちらのチャーカー・ラヴォンは魚の身が引き締まっていてさらにおいしかったです。

 

自分で作ってみたい方はこちらの記事をご覧ください☆
【レシピ付】ハノイ名物☆チャーカーラヴォン(白身魚とディルの油鍋)を作ろう♪

 

CHA CA La Vong(チャーカー・ラヴォン)
住  所:14 Cha Ca , Hoan Kiem , Ha Noi
T E L :024-3823-9878
営業時間:11:00~14:00、17:00~21:00

スポンサードリンク

シェア!

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    中国(上海・北京)7年、ベトナム(ホーチミン)3年弱の約10年間のアジア生活を経て、2016年より愛知県在住。近年日本で生活するベトナム人が増えている中で、少しでも多くの方にベトナムに興味を持っていただけたらな・・・。そんな思いで、(素人ですが)ベトナム料理のレシピ、日本で買えるベトナム食材、愛知県のベトナム料理店などの紹介をしています。