チョロン(中華街)にあるフーティウのお店「THUAN LOI」

THUAN LOI(トゥアン・ロイ)

グエンチャイ通りにある中華系の麺食堂

中華系の方が多く住んでいるチョロン地区。

1区から車やバイクで西へ20分ほど行くと、漢字表記のお店が増えてきます。本日はチョロンでふらりと入ったフーティウ(米麺)のお店を紹介します。

THUAN LOI(トゥアン・ロイ)

お店の名前は「THUAN LOI(トゥアン・ロイ)」。

フーティウ(Hu Tieu、Hu Tiu)はベトナム南部名物の米麺。

フーティウといっても2種類あり、半乾燥させて作るコシのある細麺と、きしめんのような平たい生麺があります。

街中で見かける「Hu Tieu Nam Vang(プノンペン風フーティウ)」は半乾燥させた麺、今回ご紹介する中華系のフーティウはきしめんタイプの麺を使っています。

 

メニューを見てみよう!

THUAN LOI(トゥアン・ロイ)

さて、メニューを見てみましょう~

まず左側に“HU TIEU”と“HU TIEU MI”とありますね。

“HU TIEU MI”の“MI”は中華麺で、フーティウとミーが一度に楽しめる麺となっています。

あいがけカレーのようなお得感があります。

そして右側のベトナム語は具で、“THAP CAM”は全部のせや五目といった意味“XUONG GIO”は豚足“SUON KHO”はスペアリブ“HOANH THANH”はワンタンという意味です。

まず麺をフーティウかフーティウミーから選び、あとは好きな具を注文します。

THUAN LOI(トゥアン・ロイ)

私はスペアリブの“SUON KHO”を注文しました。

麺はフーティウとミーのW麺で!

 

スペアリブ入りのフーティウミー

THUAN LOI(トゥアン・ロイ)

HU TIEU MI SUON KHO  30,000ドン(約150円)

THUAN LOI(トゥアン・ロイ)

上には柔らかく煮込まれたスペアリブがのっていて、レタスもたっぷり入っています。

食べてみると、スペアリブは五香粉を使った(?)中華風の味。

スープはBO KHO(ボーコー、ベトナム風ビーフシチュー)のような味で、濃いめだけれどサラサラとしていました。

オリエンタルバジルが入っていて、スッキリした香りがアクセントに!

THUAN LOI(トゥアン・ロイ)

米麺と中華麺を両方楽しめるところ、中華風の味だけれど、ハーブが入っていることなど、中国とベトナムのおいしいとこどりだと思いました。

中華麺は日本で食べる生の中華麺のようなプリプリした食感で、とってもおいしかったです!

THUAN LOI(トゥアン・ロイ)

隠し味はカリカリに揚げた豚脂!

これが入っていると、おいしさが何倍にもアップする気がします。

THUAN LOI(トゥアン・ロイ)

卓上にはヌックトゥーン(ベトナムの大豆醤油)、サテ(ベトナム風ラー油)、ライム、チリなどが置かれていました。

最初はそのままの味を楽しんで、途中で好みの味に整えて、アレンジできるのがベトナム麺の醍醐味☆

ちなみに私はサテとライムを入れて、酸っぱ辛くして食べるのが好きです。

THUAN LOI(トゥアン・ロイ)

おいしかったです!ごちそうさまでした~

 

こちらも合わせてご覧ください。中華系の麺料理のお店!
プリプリ大ぶりの海老入り!水餃子麺がおいしい麺食堂「TAN TONG LOI」
新感覚★担々麺風コク旨フォー“PHO SATE” がおいしい店「QUOC KY」
ベンタイン市場の近くにある地元の人でにぎわう麺食堂「QUAN MI CAT」
2種類の麺が同時に楽しめるフーティウミー!ホーチミン4区の麺屋さん「HU TIEU MI CHU SE」

 

THUAN LOI(トゥアン・ロイ)
住  所:907 Nguyen Trai , District5 , HCMC
営業時間:7:00~22:00