【番外編】池袋で本格的なベトナム料理を食べるなら!「フォーチュン池袋」

【番外編】池袋で本格的なベトナム料理を食べるなら!「フォーチュン池袋」

西池袋にあるベトナム人でにぎわうお店

本日は東京・池袋にあるディープなベトナム料理店「フォーチュン池袋」をご紹介します。

ホーチミン市在住経験があり、現在東京にお住まいのNさんにおすすめいただいたお店で、「これぞ現地の味!」といった本場のベトナム料理が楽しめるとのこと。

前回のゴールデンウィークの滞在では行けなかったので、行くのをとても楽しみにしていました♪

「フォーチュン(Pho Trung)」という店名は、“fortune(幸運)”にかけられているのかな?と思いました。

【番外編】池袋で本格的なベトナム料理を食べるなら!「フォーチュン池袋」

場所は池袋駅西口から徒歩5分程度の場所。

池袋西口公園を通り抜け、大通り(劇場通り)を渡って歩を進めると、「蒙古タンメン中本」の向かいにベトナム国旗を発見!

【番外編】池袋で本格的なベトナム料理を食べるなら!「フォーチュン池袋」

入口に看板が出ていました。この看板があるところの手前の路地を左に入ると、もう1ヶ所の入口にたどり着きます。

【番外編】池袋で本格的なベトナム料理を食べるなら!「フォーチュン池袋」

細い路地のほうの入口から入りました。

【番外編】池袋で本格的なベトナム料理を食べるなら!「フォーチュン池袋」

わたしの前に3、4人のお客さんが待っていました。

【番外編】池袋で本格的なベトナム料理を食べるなら!「フォーチュン池袋」

しばらく待って、入店。

もともとはスナックだったのかな?と思わせるカウンターとテーブルで構成された店内には、お正月の飾り付けが施されていました。

壁掛けのモニターにはベトナムの歌番組?が流れていました。

あたりを見渡すと、ベトナム人のお客さんが8割ほど

店員さんは全員ベトナム人。テキパキと片付けて次のお客さんを通していました。

店内ではベトナム語が飛び交っており、これだけベトナム人のお客さんに支持されているということは現地の味なのかな♪と期待が高まりました。

Wi-Fiが利用できるところもうれしいです。

【番外編】池袋で本格的なベトナム料理を食べるなら!「フォーチュン池袋」

こちらはお客さんが帰った後に撮らせていただいた写真。

 

フォーチュンのメニュー

【番外編】池袋で本格的なベトナム料理を食べるなら!「フォーチュン池袋」

「フォーチュン池袋」のメニュー写真。

光で反射して写真が見にくいですが・・・、おつまみから主食まで、ベトナムの食堂やレストランで見る料理が豊富に揃っていました。

日本語・英語・ベトナム語表記があります。

ランチセットもあるようなのですが、お正月に訪れたからか単品メニューのみでした。

【番外編】池袋で本格的なベトナム料理を食べるなら!「フォーチュン池袋」

鶏肉や牛肉のほか、カエルやアヒルの料理も。ベトナムらしさを感じました。

【番外編】池袋で本格的なベトナム料理を食べるなら!「フォーチュン池袋」

ソフトシェルクラブの料理まであってビックリ!

脱皮したての殻の柔らかい蟹を食べるということもベトナムへ行ってから知りました。

【番外編】池袋で本格的なベトナム料理を食べるなら!「フォーチュン池袋」

フォーは定番の鶏肉・牛肉のほか、海鮮を使ったスパイシーな味付けのものも。

ベトナムではフォーよりよく食べられている米麺・ブンの種類も豊富です。

アヒルとタケノコを使った麺ありましたよ。※麺はブンまたは春雨から選択

【番外編】池袋で本格的なベトナム料理を食べるなら!「フォーチュン池袋」

左ページはご飯もの、右ページはデザートとトッピングメニュー

【番外編】池袋で本格的なベトナム料理を食べるなら!「フォーチュン池袋」

コース料理

【番外編】池袋で本格的なベトナム料理を食べるなら!「フォーチュン池袋」

お持ち帰りメニュー

【番外編】池袋で本格的なベトナム料理を食べるなら!「フォーチュン池袋」

テト向けのちまきもありました。

  • Banh chung(バイン・チュン)・・・ちまき
  • Gio Bo(ゾー・ボー)・・・牛肉のハム
  • Gio xao(ゾー・サオ)・・・ハムの炒めもの
  • Gio lua(ゾー・ルア)・・・豚肉のハム
  • Nem chua(ネム・チュア)・・・発酵豚肉ソーセージ

 

おつまみセットと揚げ豆腐をいただきました。

【番外編】池袋で本格的なベトナム料理を食べるなら!「フォーチュン池袋」

わたしはカウンターでビール(Bia Ha Noi)おつまみセットをいただきました。

おつまみセットの内容は生春巻き・揚げ春巻き・海老のサラダ。

ヌックマム(ベトナムの魚醤)ベースの甘酸っぱいタレに付けていただきます。

生春巻きの具は海老、豚肉、ブン(そうめんほどの細さの米麺)、シソ、ニラ、もやし、レタス。

ゆでた豚肉が入っていることの多い生春巻きですが、こちらの生春巻きに入っている豚肉はチャーシューなのか、あらかじめ味が付いていました。

揚げ春巻きは胡椒の味がピリリと効いていて、中には豚ひき肉やきくらげがぎっしり詰まっていました。

海老のサラダも現地で食べる味!

【番外編】池袋で本格的なベトナム料理を食べるなら!「フォーチュン池袋」

大好きな、ベトナムの揚げ豆腐。ビールとよく合いますよ♪

一口サイズにカットされた豆腐がカリカリに揚げられています。

ベトナムの揚げ豆腐は、マムトムという海老の発酵調味料と相性抜群ですが、マムトムは香りが強烈なため、ベトナム人でも苦手な人が多いと言われています。

料理が運ばれてきた際の店員さんの一言「(マムトムのタレが)お口に合わないようでしたら、違うタレを出しますよ」がうれしかったです。

わたしはマムトムは大丈夫なので、そのままいただきました。

こちらのタレはサラッとしていて(マムトムはどろっとしています)、マムトムとヌクチャムを合わせたような味でした。食べやすく調合されているように感じました。

付け合わせは、野菜スティックぐらいの太さのなます、2種類のミント。日本でこんなにミントがたっぷりなのはうれしい!口の中をさっぱりとさせてくれました。

 

隣のベトナム人カップルが食べていた牛肉のフォー(Pho Bo)には半生牛肉がのっており、貝のブン(Bun Oc)には大きなつぶ貝の身がたっぷりのっていて、とてもおいしそうでした(じろじろ見てしまってすみません・・・)。

 

ベトナムに行かなくても、現地さながらの本格的な料理がいただけるお店「フォーチュン池袋」。

庶民的な雰囲気で、近くに住んでいたら頻繁に訪れたいと思いました。

大人数で来て、ベトナムの鍋(アヒルレモングラス鍋・酸っぱいアヒル鍋・豚コブクロ鍋・鶏鍋・ピリ辛海鮮鍋・カエル鍋・うなぎ鍋)を囲みつつ、わいわい宴会をするのにも良さそうなお店でした。

 

フォーチュン池袋(Pho Trung Ikebukuro)
https://www.facebook.com/photrungikebukuroten/
住  所:東京都豊島区西池袋3-23-8  MARUビルB1F
T E L :03-6907-3502
営業時間:11:00~23:00

スポンサードリンク

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

中国(上海・北京)7年、ベトナム(ホーチミン)3年弱の約10年間のアジア生活を経て、2016年より愛知県在住。近年日本で生活するベトナム人が増えている中で、少しでも多くの方にベトナムに興味を持っていただけたらな・・・。そんな思いで、(素人ですが)ベトナム料理のレシピ、日本で買えるベトナム食材、愛知県のベトナム料理店などの紹介をしています。