【名古屋市千種区池下】食材の販売とカラオケも!ベトナム料理店「HUONG VIET(フォンヴィエット)」

カラオケもあるベトナム料理店「HUONG VIET(フォンヴィエット)」

千種区役所の裏手にあるベトナム料理店

ベトナム南部の名物料理“コムタム”を食べに、千種区池下の「HUONG VIET(フォンヴィエット)」を訪れました。

コムタム(Cơm tấm)とは?
ベトナム南部の庶民料理で、砕き米を炊いたものに色々なおかずをのせたワンプレートごはんのこと。定番のおかずは、甘辛いタレに漬け込んで炭火で焼いた豚肉「スーン」、卵とひき肉の蒸し物「チャー」、豚皮の千切り「ビー」の3つ。

結論から言うと、残念ながらコムタムはメニューからなくなっていたので、フォーボー(牛肉のフォー)ベトナム風チャーハンを食べてきました。

ベトナム食材があったり、カラオケがあったり、スタッフがフレンドリーだったりと、アットホームな雰囲気のお店でした。

カラオケもあるベトナム料理店「HUONG VIET(フォンヴィエット)」

お店は地下鉄東山線「池下駅」から徒歩2〜3分ほどの場所。

千種区役所の裏手にあり、同じ通りにはインド・ネパール料理店やイタリア料理店があり、ここの一角は多国籍な雰囲気を醸し出していました。

お店の前にはベトナム国旗が出ているので、すぐに分かると思います。

カラオケもあるベトナム料理店「HUONG VIET(フォンヴィエット)」

こちらのビルの1F、少し下がったところに入口があります。

カラオケもあるベトナム料理店「HUONG VIET(フォンヴィエット)」

お店の前に出ていた看板

 

店内

カラオケもあるベトナム料理店「HUONG VIET(フォンヴィエット)」

広々とした店内にはテーブル席が5席。25人ほど座れます。

奥にはカラオケがあり、前部分がBOX席のようになっていました。

スタッフに伺うと、無料でベトナムの曲を歌えるとのことです。

緑色が多く、なんだか落ち着きます。

カラオケもあるベトナム料理店「HUONG VIET(フォンヴィエット)」

右手奥にはミニステージがあり、ここで立って歌うこともできそうです。

ベトナムドン表記のあるメニュー

カラオケもあるベトナム料理店「HUONG VIET(フォンヴィエット)」

日本語表記はありますが、ベトナム語の読みをカタカナで表したものであるのと、料理の内容を見るとベトナム人向けのお店のようです。

ドン(ベトナムの通貨単位。1万VND=約50円)表記もあるのが興味深かったです。

料理の種類はそれほど多くないですが、チェーが6種類あったのが印象的でした。

スタッフのタオ(Thao)さんのオススメは、ザクロの実に見立てたクワイとココナッツのチェー

カラオケもあるベトナム料理店「HUONG VIET(フォンヴィエット)」

ランチメニューはありませんので単品で注文します。

チャーハンがお茶付きで350円、というのはチャーハンがミニサイズなのかな?と気になり、食べてみることに。

そして牛肉のフォーを注文しました。

カラオケもあるベトナム料理店「HUONG VIET(フォンヴィエット)」

別メニュー。

メニューの一番上にある「Thit cho」は、犬肉。

日本人からすれば驚くかもしれませんが、ベトナム北部では犬肉を食べる文化があります(特に男性が食べているイメージがあります)。

聞いてみると、オーナーはハノイのご出身で、スタッフ2人も北部のご出身だそうです。

南部のホーチミン市にも犬肉を食べられるお店はありますが、わたしは食べたことがありません。

また犬肉を売っている店が集まる通りがあると、料理教室の先生に教えてもらいました。

 

他に、メニューにはないけれど、チーズフライ(Pho mai chien)・イカフライ(Muc chien)・チャーコム(Cha com)もあると教えてくれました。

チャーコムは、緑色をしたもち米と豚肉から作られたさつま揚げで、むっちりした食感がおいしく、これも北部らしい料理だと思います。

チャーコム(グッチ撮影)

チャーコム(イメージ)

 

ベトナム食材コーナー

カラオケもあるベトナム料理店「HUONG VIET(フォンヴィエット)」

さて、料理を待っている間に、ベトナム食材が置かれている棚をチェック♪

カラオケもあるベトナム料理店「HUONG VIET(フォンヴィエット)」

ベトナム食材が2段の棚に分かれて置かれていました。

左上の写真の「Aji-ngon」という粉末ダシの素は便利で使えます。

わたしは揚げ春巻きを作るときに(あれば)タネに入れています。

☆参考記事
【レシピ付】ベトナムの揚げ春巻き“チャーゾー”を作ろう♪~下準備編~
【レシピ付】ベトナムの揚げ春巻き“チャーゾー”を作ろう♪~巻く&揚げる編~

サテトム(グッチ撮影)

ベトナムの激ウマ調味料、サテトム(エビ風味のラー油)もありましたよ。

価格は1本250円。「Trung Thanh」というメーカーのものは初めて見ました。

☆参考記事
ベトナムの激旨調味料!エビ風味のラー油“SATE TOM(サテトム)”【日本で買えるお店一覧付】
エビ風味のラー油“SATE TOM(サテトム)”の使い方12選【レシピ付】

 

実食!

カラオケもあるベトナム料理店「HUONG VIET(フォンヴィエット)」

まず、牛肉のフォーが運ばれてきました。どんぶりが中華風ですね。

具は牛肉、ネギのみ(パクチーは抜きでお願いしました)。

カラオケもあるベトナム料理店「HUONG VIET(フォンヴィエット)」

牛肉は分厚く、噛みごたえがありました。

スープは熱々!

味は甘くなく、シンプルな具の北部風のフォーでした(南部風のフォーは甘く、香草や生野菜が付いてきます)。

カラオケもあるベトナム料理店「HUONG VIET(フォンヴィエット)」

卓上の辛味調味料・サテが、少量でもとても辛かったです。

カラオケもあるベトナム料理店「HUONG VIET(フォンヴィエット)」

ベトナム風チャーハンを運ぶスタッフのタイン(Thanh)さん。

カラオケもあるベトナム料理店「HUONG VIET(フォンヴィエット)」

ミニサイズかと思ったら、普通サイズだったので驚きました! ※比較のために横にボールペンを置いてみました

男性には少し足りないかもしれませんが、女性にはちょうどいい量だと思います。

メニューには「お茶付き」とありましたが、実際はフォーのスープが付いてきました。

チャーハンの具はミックスベジタブル・玉子・ネギで、やさしい味付けでした。

この黄色はアナトー色素(Hat dieu mau)で付けているとのことです。

カラオケもあるベトナム料理店「HUONG VIET(フォンヴィエット)」

食後にオススメのチェーを食べるつもりだったのですが、いくらデザートが別腹でも、2人分の料理を食べたのでお腹がいっぱいで食べられませんでした。。。

代わりにベトナムコーヒーをホットで注文。

練乳を入れるかどうか最初に聞かれます。

コーヒーは、日本向けに販売している(?)「ジャコウ猫コーヒー」と書かれたベトナム産のドリップコーヒーを使用していました。

カラオケもあるベトナム料理店「HUONG VIET(フォンヴィエット)」

ベトナムコーヒーを飲んでいる間、カラオケで北部の曲を聴かせてもらい、楽しい時間を過ごしました。

ついつい長居してしまうアットホームな雰囲気のお店でした。

 

HUONG VIET(フォンヴィエット)
住  所:愛知県名古屋市千種区春岡1-6-14
T E L :080-4359-6851
営業時間:月-土9:00~21:00、土日10:00〜21:00

スポンサードリンク

シェア!