ベトナム料理教室「THE VIETNAM COOKERY CENTER」③~鶏肉のバジル炒め~

Gà sốt cay với húng quế

鶏肉のバジル炒め

ベトナム料理教室②~からし菜の生春巻き~のつづき

からし菜の生春巻き(Cuốn diếp)の試食を終えたあと、調理スペースに戻り、鶏肉のバジル炒め(Gà sốt cay với húng quế)作りに取りかかりました。

 

húng quế

料理に使うオリエンタルバジル(Rau húng quế)はこんな形をしています。
(写真は別の日にフォー屋さんで撮ったもの)

 
茎は赤紫色をしていて、爽やかで甘い香りがします。
フォーによく添えられている、食べやすいハーブです。

参考記事
ベトナム料理をさらに美味しくするハーブとは?|TRIPPING!

 

 

鶏肉のバジル炒めの調味料

まず先生のお手本を見てから、同じように土鍋に材料を順番に入れていき、最後にスプーンで調味料を測って投入。材料はすべてカット済なので、テンポよくレッスンが進みます。

鶏肉のバジル炒めの鶏肉を煮ているところ

土鍋を強火にかけ、しばらく炒めてから水を加え、
グツグツと煮汁が少なくなるまで煮込んでいきます。

鶏肉のバジル炒め

煮込んでいる間、教室中には良い香りが漂っていました~
煮汁が少なくなったら火をとめて、飾りのバジルとチリをのせて出来上がり☆

試食タイム

鶏肉のバジル炒めとパンダンリーフ風味の土鍋ごはん

料理ができあがるときには、パンダンリーフ風味のごはんが炊きあがっていました。
ごはんはパンダンリーフの香りがほんのりと香っていました。

 

鶏肉のバジル炒めは、土鍋効果で最後まで熱々のままでしたよ!
辛さとバジルの爽やかな香りでごはんがとても進みました。あと一品、牛肉のフォーがまだ残っているというのに、ごはんをモリモリとほとんど平らげてしまいました。。。

 

ベトナム料理教室④~牛肉のフォー~につづく