「TRUNG NGUYEN COFFEE」の希釈用ベトナムコーヒー

希釈用ベトナムコーヒー

前からあったかもしれませんが、わたしが見る限りでは、今年の中盤ごろから下のようなペットボトル入りの希釈用コーヒーを日本のスーパーでよく見かけるようになりました。

Boss LATTE BASE

牛乳たっぷりのコーヒーが好みなわたしは、すぐにこの商品にとびつきました!1本で10杯ぐらい作れて、手軽で、しかもおいしい。忙しい朝にもぴったりなので気に入っています。

上の写真はBOSSのものですが、他のメーカーからも同様の商品が出ています。

 

 

そんな便利な希釈用コーヒーですが、ベトナムのスーパーでも売られています☆

それは、「HIGHLANDS COFFEE(ハイランズコーヒー)」と並ぶベトナムの大手コーヒーチェーン、「TRUNG NGUYEN COFFEE(チュングエンコーヒー)」から出ている“CA PHE TUOI(カーフェー・トゥオイ)”という商品です。

☆ベトナム語メモ
CA PHE…コーヒー
TUOI …新鮮な

CA PHE TUOI

旧パッケージ。

CA PHE TUOI

新パッケージ。

こちら1本(500ml)で約12杯分のアイスベトナムコーヒーが作れます。ベトナムのスーパーやコンビニで1本35,000ドン(約160円)ほどで売っていますよ。

緑色のボトルのほうは苦みが効いていて、黄色のほうはナッツのようなフレーバーがついています。パッケージにはベトナムコーヒーの作り方がイラスト付きで書かれています。

 

【作り方】

カフェ・ダー(アイスベトナムコーヒー)

コーヒー液 40ml  +  砂糖 5g  +  氷 適量

 

カフェ・スア・ダー(練乳入りアイスベトナムコーヒー)

コーヒー液 40ml  +  練乳 20g  +  氷 適量

 

CA PHE TUOI

できあがりはこんな感じ!^^

牛乳で割るのが日本風、グラスに氷が満タンで、コーヒーが少し入っているのがベトナム風。氷を溶かしながら薄めて、時間をかけてゆっくりと飲むとベトナム人っぽいです。

味はベトナムのもののほうが苦味が強め。

寒い時期はお湯で薄めて飲むといいですね☆

手軽にベトナムコーヒーを楽しめるので、お土産におすすめです!