【ハノイ】濃厚でクリーミー!エッグコーヒー発祥のカフェ「Giang Cafe」

ハノイ発祥のエッグコーヒー

チェー、ケムカラメン(ベトナム風プリン)、ホアクアザム(練乳がけまぜまぜフルーツ)ほど知られていないけれど、ハノイへ行ったらぜひ飲みたいのがエッグコーヒー!

☆エッグコーヒー(cà phê trứng)とは?
ベトナム北部・ハノイ発祥のコーヒー。
卵とコンデンスミルクをカスタードクリーム状に泡立て、コーヒーの上にのせたもの。

 

Giang Cafeの入口

訪れたのは、エッグコーヒーの発祥だといわれるお店「Giang Cafe(ザンカフェ)」。
看板には“Since1946”の文字。70年もの長い歴史を持つカフェのようです。

ちなみに、数軒となりにはおこわの有名店「XOI YEN」があります。

Giang Cafeの廊下

細い入口の奥には、このように長い通路が広がっています。

 
ちょっと不安になる薄暗い通路をつきあたりまで進むと、スタッフが1階のスペースでドリンクを作っていました。客席は2階にあり、案内されるままに階段を上がりました。

 

ローカル感漂う店内

Giang Cafeの店内

2階席に上がると、店内には地元のお客さんが数組くつろいでいました。
室内ですが、天井が高めで、光が差し込んで外にいるような気分になります。

「カフェ」より「喫茶店」の言葉が合う、ローカル感漂う雰囲気がいい感じ!

o0692092213531726624

年季の入ったメニュー。左側の上から6番目がエッグコーヒーです。

※Nong(ノン)=ホット、Da(ダー)=アイスという意味。

メニューにある“TRA CHANH(チャー・チャイン)”はライムと砂糖を入れた冷たい緑茶です。数年前にハノイの若者を中心に流行り、その人気がホーチミンにも広がりました。

クリーミーな泡と苦甘コーヒーの絶妙なハーモニー

CAFE TRUNG(NONG)

CAFE TRUNG(NONG) 25,000ドン(約125円)

冷めないようにと、カップをお湯で温めた状態で出してくれるのが嬉しいところ。
卵でできたクリームは、濃厚でなめらか。まるでウィンナーコーヒーのようです。
カスタードクリームやティラミスを飲んでいるような気分になりました。

苦味も甘みも強いため、ゆっくりと時間をかけて飲みたいエッグコーヒー。ハノイ散策に疲れたら、エッグコーヒーでまったりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

Giang Cafe(ザンカフェ)
http://www.giangcafehanoi.com/
住  所:39 Nguyen Huu Huan , Hoan Kiem District , Ha Noi
T E L  :04-6294-0495
営業時間:7:00~22:30