女性向けベトナム土産の定番☆実用的でかわいい“プラカゴ”

プラカゴ

“プラカゴ”とは?

プラカゴ”は、梱包用のPP(ポリプロピレン)バンドで作られたカゴバッグのこと。
カラフルでかわいいだけでなく、軽くて丈夫で水に濡れてもOK!というスグレモノ。
ベトナム土産の定番なので、見たことがある方もきっと多いのではないでしょうか。

プラカゴ

ベンタイン市場のプラカゴ屋さんにて。
さまざまなサイズ、カラー、模様があるので、じっくり見てみましょう。

プラカゴ

インテリアショップの「UMA」にて。
2色使いのものはポップすぎず、合わせやすそうです。
持ち手が木でできているものは、上品できちんと感もありますね。

 

 

その他、ホーチミンでプラカゴが買えるお店3店

  1. CHI TU(チートゥ)
    住  所:21 Le Quang Sung , District6 , HCMC
    T E L  :08-3855-1670 , 6652-0617
    営業時間:8:00~19:00
    中心部から西へタクシーで約20分のチョロン(中華街)にある問屋さん。
    ガイドブックでも紹介されているので、店員さんは日本人のお客さんにも慣れています。

  2. Ngoc Huyen(ゴック・フエン)
    http://ngochuyenstore.com/(日本語あり)
    住  所:16 Nguyen Thiep , District1 , HCMC
    T E L  :08-3823-1538
    日本語が少しできる店員さんはとても親切。
    ドンコイ通り近くの路面店にも関わらず、良心的な価格です。
    グエンフエ通りのビルの中に支店あり。そちらのほうが品揃えが豊富。
    店員さんに聞くと、場所を教えてくれます。徒歩2~3分の距離です。

  3. HAPPERS(ハッパーズ)
    http://www.vietnam-life.net/happersvn/
    住  所:15A/39 Le Thanh Ton , District1 , HCMC
    T E L  :08-3602-0264
    営業時間:9:00~19:00
    日本人オーナーのお店で、細部までこだわった上質なプラカゴが買えます。
    路地の中にあり場所が少し分かりにくいので、HP内の地図をご確認ください。

ベトナム人の日常風景に溶け込むプラカゴ

観光客のお土産としてだけでなく、現地の人の生活にも欠かせないプラカゴ。

ファッションとして持っていることは少ないですが、仕事で活用している人が多いです。

プラカゴ
バイクの荷台の両脇にぶら下げられたプラカゴ。
かなり大きいので、なんでも入りそうですね~。

プラカゴ
ゴミ箱の横に置いてあったプラカゴ。
もしかして、ゴミ箱の代わりとして使われている・・・?

プラカゴ
工具入れとして使われていたプラカゴ。
この色合いは男性向きですね。

ベトナムでは、男性がこんなかわいいバッグを持っているんです

プラカゴ
ザルやタオルが無造作に入れられているのがイイですね。

プラカゴ
こちらも工具入れでした。
この色合いのプラカゴを持っている人は修理屋さんなのでしょうか?

プラカゴ
バインミー(ベトナム風バゲットサンド)のバイク屋台。
フランスパン、具材、調味料が大きなプラカゴの中に。こんな使い方もあるんですね!

お出かけ用バッグとしてはもちろん、ランドリーバスケット、野菜入れ、オムツやおもちゃ入れ・・・といろいろな使い道があるプラカゴ。

カラフルなプラカゴは、夏のおしゃれのワンポイントになりそうです。

ベトナムを訪れたら、ぜひお気に入りの柄を見つけてみてくださいね。

 

こちらも合わせてご覧ください。
ドンコイ通りのそば!グエンティエップ通りのプラカゴ屋さん「PHUC LONG」