ベトナム産の高品質チョコレート「MAROU」~お土産用チョコレート編~

MAROU byグッチ

カフェ編のつづき~

目にも美しいチョコレートの数々

MAROU byグッチ

ホーチミンのカルメット通りにある「MAROU」直営のカフェ。

店内の入口に近いスペースにはお土産用チョコレートが多数陳列されています。

チョコ選びに迷ったら、まずは「MAROU」の基本(?)のこちらのチョコを試してみてはいかがでしょうか。すべての商品がカカオ70%以上の高カカオチョコレートです。

(左から順番に)

  • バリア76%(強いコクとスモーキーな香り)
  • ドンナイ72%(まろやかな味わいとほのかにスパイスの効いたリッチな香り)
  • ベンチェ78%(ドライフルーツ系の風味
  • ラムドン74%(プルーンのようなさわやかな後味)
  • ダクラック70%(奥行きのあるスパイシーな味わい)
  • ティエンジャン70%(スパイシーで深く複雑な香りとフルーティーな甘さ)

 

数種類またはセットを買って、味比べをするのも楽しいですね。

女性に人気があるのはラムドン、ブランデーと一緒に味わうならバリア、赤ワインやウイスキーにあわせるならティエンジャンが良いそうです。

 

MAROU byグッチ

壁にもチョコがディスプレイされていて、各商品の横に説明書きがありますが、

MAROU byグッチ

ラミネート加工された分かりやすい日本語表記のメニューも用意されているので、こちらを見ながら商品を選ぶことができますよ。

現地でチョコを選ぶ楽しさもありますが、日本の公式HPにも各商品の詳しい説明がありますので、時間のない方はそちらを見てあらかじめ選んでおくといいかもしれません。

MAROU byグッチ

こちらの特別パッケージのチョコには、ナッツやチリが入っています。

MAROU byグッチ

毎年のように、賞を受賞している「MAROU」のチョコ。

MAROU byグッチ

パステルグリーンのパッケージがかわいいティエンジャン80%のダークチョコは、クリエーター向け雑誌「Wallpaper」とのコラボ商品。ロンドンで金賞を受賞したようです。

MAROU byグッチ

板チョコだけでなく、チョコを加工した商品も。カフェ編で紹介した、レジ横にある一口サイズのチョコは、自分で好きな味を選んで、箱に詰めて買うことができるようです。

サミュエルさんとヴィンセントさんのおすすめは?

MAROU byグッチ

さて、「MAROU」の2人に個人的に好きなチョコを伺うと、

  • サミュエルさん・・・・ダクラック70%
  • ヴィンセントさん・・・バリア76%、ラムドン64%アラビカコーヒー

とのことでした。アラビカコーヒー入りのものは2017年春の新作だったようです。

オリジナルグッズも販売

MAROU byグッチ

販売スペースにはチョコだけでなく、「MAROU」オリジナルのグッズもあります。

MAROU byグッチ

こちらはボックス入りの板チョコ。カカオ豆が描かれた漆器がきれいですね。

MAROU byグッチ

ポストカードのセットもありました!

MAROU byグッチ

ロゴ入りの麻製トートバッグ。わたしはこちらのバッグとティエンジャン70%、カシューナッツ入りのチョコレートを選びました。

MAROU byグッチ

日本でもオンラインショップなどで購入できる「MAROU」のチョコですが、ホーチミンやハノイを訪れたら、ぜひ本場でチョコを手に入れたいですね。

買ったチョコレートは溶けてしまわない?

ホーチミンの気温ですと、チョコは溶けてしまいます(私は部屋に冷蔵庫のない安宿に泊まっていたので、それを経験した1人です)。ですので、お部屋に冷蔵庫のあるホテルなら冷蔵庫での保管が必須!なければ、ホテルの方に涼しいところに保管していただけるかお願いしてみましょう。もしくは帰国日当日に購入するのが良いかと思います。私は深夜便で帰国したのですが、12時にチェックアウトし、その後12時間ほど時間があったので宿のキッチンにある冷蔵庫でチョコを保管していただき、空港に向かう前にもう一度宿へチョコを取りに行きました。一度少し溶けてしまったチョコですが、日本に帰ってから味に問題なく食べることができましたよ。

ショップで買い忘れたら・・・

MAROU byグッチ

ホーチミンのタンソンニャット空港のお土産ショップにも置かれていましたよ。種類は少ないですが、ショップへ行く時間がなかった方はこちらでも購入できます☆

MAROU byグッチ

「空港にMAROUのショップを作りたいと思っているんだよね」と熱く語っていたサミュエルさん。いずれ、空港にショップができる日が来るかもしれませんね。