ベトナム料理教室「GRAIN Cooking Studio」~シーバスのバナナリーフ蒸し編~

GRAIN Cooking Studio

くらげ入りチキンとキャベツのサラダ編のつづき~

珍しい食材の説明

3品目は「シーバスのバナナリーフ蒸し(MARINATED SEA BASS , SERVED WITH A GREEN MANGO SALAD)」を作りました。

この料理に使う食材は日本ではなじみのない食材ばかりで興味津々!

例えば、シーバス、バナナの葉、ガランガル、レモングラス、青マンゴーなど。

日本で再現するのは難しそうだなと思いましたが、珍しい食材を触ることができたのが良かったです。

GRAIN Cooking Studio

ガランガル(ショウガ科の植物の地下茎)と生姜の違いを説明するビン先生。

見た目は生姜とそっくりですが、味がかなり異なるとのこと。

GRAIN Cooking Studio

材料。ガランガル、レモングラス、皮付きのシーバス、ハーブ、青マンゴーの千切り

 

マリネ液を作る

GRAIN Cooking Studio

レモングラスの半分は蒸すときに香り付け用に使いました。

半分はみじん切りにし、マリネ液の材料として使いました。

GRAIN Cooking Studio GRAIN Cooking Studio

ターメリック、クコの実、カレーパウダー、ニンニクなど。

小皿に入っているものはすべてマリネ液に使います。

緑色のくるくる巻かれたものはバナナの葉です。

GRAIN Cooking Studio

すり鉢にマリネ液用のすべての材料を入れ、

GRAIN Cooking Studio

ヌックマムを入れ、すりこ木でよくつぶします。

GRAIN Cooking Studio

鍋に水を張り、香り付け用のレモングラスを入れ、火にかけておきます。

 

シーバスをバナナの葉で包む

GRAIN Cooking Studio

バナナの葉にシーバスの切り身を置き、

GRAIN Cooking Studio

マリネした薬味をスプーンで万遍なくのせます。

GRAIN Cooking Studio

バナナの葉で包み、

GRAIN Cooking Studio

沸騰したお湯の中に入れて、フタをして7~8分蒸します。

 

トッピングのサラダをつくる

GRAIN Cooking Studio

蒸している間に、シーバスのトップにのせる青マンゴーのサラダを作ります。シソを千切りにして、

GRAIN Cooking Studio

あらかじめ千切りにしてある青マンゴーと、クコの実を混ぜ合わせます。

GRAIN Cooking Studio

蒸しあがったシーバスを取り出し、ハサミで対角線上にカットしてから開きます。

GRAIN Cooking Studio

トップに青マンゴーのサラダをのせてできあがり!

GRAIN Cooking Studio

淡白でやわらかい白身魚(臭みは感じませんでした)の上に、さまざまな香味野菜がのっていて、サッパリといただけました!

日本で作るなら、シーバスの代わりにタラなどの白身魚、バナナの葉の代わりにアルミホイル、青マンゴーの代わりに大根(?)でできるでしょうか。

和風のホイル焼きになりそうですが、それはそれでおいしいかもしれません。

 

デザート&お土産編につづく~