市民の憩いの場・亀池(Ho Con Rua)

亀池(Ho Con Rua)

サイゴン大教会の北側から伸びるファムゴックタック通り。

通りを北へ進んで行くと、ロータリーにたどり着きます。

ファムゴックタック(Pham Ngoc Thach)通り・ヴォーヴァンタン(Vo Van Tan)通り・チャンカオヴァン(Tran Cao Van)通りをつなぐ直径100mのロータリーの中央に位置しているのが「Cong Truong Quoc Te」。

現地の人には「亀池(Ho Con Rua)」の愛称で親しまれています。

中央に建つ背の高い柱が目印です。

亀池(Ho Con Rua)

亀池からファムゴックタック通りを見たところ。

写真では見えませんが、通りの突きあたりにはサイゴン大教会があります。

左手に見えるメタリックなビルは、韓国資本のショッピングセンター「ダイヤモンドプラザ」です。

亀池(Ho Con Rua)

ロータリーの周りにはカフェやレストランが多数集まっています。

 

 

ところで、なぜ「亀池」と呼ばれているのでしょうか。

池の中に亀がいる(いた)からでしょうか。気になったので調べてみました。

 

「亀池」と呼ばれている理由(伝説)

その理由は、1978年までここに亀の銅像があったからだそう。

1967年、ベトナム共和国(南ベトナム)の大統領に就任したNguyen Van Thieu氏が、中国人の風水師を呼んで、統一会堂周辺の土地をみてもらったところ、周辺に龍脈(大地の中を流れる“気”のルート、簡単に言えばパワースポット)が流れていることが分かりました。

統一会堂には龍の頭、亀池(当時の名前は“戦士広場”)には尻尾があるとのこと。

「政府の運命を決める“龍”が尻尾を振り、暴れ出したら政府が崩壊してしまう」と風水師からアドバイスを受けたNguyen Van Thieu氏は、“龍”が尻尾を振らないように、建築家・Nguyen Ky氏の設計により尻尾にあたる場所に人工池をつくり、亀の像を建てて“龍”を封印することに。また、池の中央には剣のような形のモニュメントを作りました。

亀の像は1978年に残念ながら破壊されてしまいましたが、現在でもベトナム人には“HO CON RUA(ホー・コン・ルア)”の名で親しまれています。

参考文献:「Go!  Vietnam」「Scooter Saigon Tour

 

亀池(Ho Con Rua)

池に咲いていたハスの花

亀池(Ho Con Rua)

ハスの花のようにも見える背の高いモニュメント。階段を上がっていくと、

亀池(Ho Con Rua)

そこには何もなく、ブーゲンビリアの鉢だけが置かれていました。

上からは景色を360度見渡せます。

亀池(Ho Con Rua)

 

亀池(Ho Con Rua)

夕方に訪れると、噴水が涼しげな色でライトアップされていてきれいでした。

亀池(Ho Con Rua)

日中はバイクや車が通るのみ、という感じですが、夕方頃から人が集まってきて、こちらで涼んだり、ゆっくり過ごしている様子が見られます。

また、バップサオ(ベトナム風コーンバター)などのローカルフードの屋台が出ます。

 

 

周辺にはホーチミン市建築大学やホーチミン経済大学があるため、特に学生たちの憩いの場になっています。

写真撮影をしたり、友達同士で池の脇に腰をかけて飲みものやローカルフードを楽しんだり、おしゃべりに興じたりしています。

 

ロータリー沿いにカフェがたくさんありますので(コーヒースタンドの「PASSIO」など)、テイクアウトして、亀池でゆっくり飲むのもいいですね。

サイゴン大教会から徒歩5分ほどと近いので、ぜひ立ち寄ってみてください。

 

おまけ

「マインクラフト(ブロックを配置して建物を建てたり、冒険を楽しむことができるゲーム)」で、亀池を作っている方がいました!動画の18:00分あたりから完成図が見れます。

 

亀池(Ho Con Rua)