【ホイアン】地元で人気のカオラウ専門店「THANH CAO LAU」

ホイアンの名物麺“カオラウ”

本日は、カオラウの本場・ホイアンにある地元で人気のカオラウ専門店「THANH CAO LAU(タン・カオラウ)」をご紹介したいと思います。

 

☆カオラウ(Cao lầu)とは?
ベトナム中部の古都・ホイアン名物の温かい和え麺。
伊勢うどんをルーツに持つといわれる麺を、焼き豚、揚げせんべい、野菜&ハーブと一緒に醤油ベースの甘めのタレに絡ませて食べる。ベトナムの麺にしては珍しくコシがあり、日本のうどんと似ているが、お米から作られているという点ではうどんと異なる。このコシは、ホイアンのミョウバンを含んだ井戸水を使わなければ生まれないといわれている。

 

 

ホイアンの町並み

ホイアンではCAO LAUCOM GA(チキンライス)の看板をよく見かけました。

タイフィエン通りにある「THANH CAO LAU」

「THANH CAO LAU」外観

THANH CAO LAU外観

屋台風の調理台

店頭に調理台があり、奥が客席になっています。客席の奥は住居になっていて、赤ちゃんを抱いた店主の娘さん(?)と思われる女性が客席を出たり入ったりしていました。

調理スペースの様子

調理スペースの様子。

調理前のカオラウ

調理前のカオラウ。
少し黄色味を帯びていて、見た目はうどんというより焼きそば用の蒸し麵に近い感じ。

卓上調味料

卓上調味料(醤油、粉唐辛子など)のチェックをしつつ、麺が運ばれてくるまで待機!

これが本場のカオラウ!

「THANH CAO LAU」のカオラウ

CAO LAU 25,000ドン(約135円)
ドンブリにはカオラウ麺、焼き豚、揚げせんべい、レタス&香草がのり、麺の下にはゆでたモヤシがたっぷり敷かれていました。焼き豚の上にはラー油が少しかかっています。

カオラウの麺を拡大したところ

焼き豚には赤身が使われていましたが、しっとり柔らか。
麺はプツプツとした食感で、強いコシがありました!
揚げせんべいのカリカリした食感もとてもいいです。

底にたまったタレ

底にたまった醤油ベースのタレ。少し中華系のスパイスの風味がしたので、店員さんに聞いてみると、「その風味の正体はNgũ vị hương(五香粉)よ。」と教えてくれました。

デザートにいかが?金柑ジャム入りのヨーグルト

金柑ジャム入りのヨーグルト

SUA CHUA DA 15,000ドン(約80円)
ドリンクのつもりで注文したヨーグルトドリンクは、甘い水(?)の上にヨーグルトと金柑ジャムがのっていてデザートのようでした。さっぱりしていておいしかったです。

 

かつては日本人町が形成され、1,000人以上の日本人が暮らしていたホイアン。当時住んでいた日本人もカオラウを食べていたかもしれない、と思うと感慨深いものがありました。
ローカル食堂で食べたカオラウがとてもおいしくて、忘れられない味となりました。

お店のオリジナル?のチリソースを販売しているので、
辛党の方へのお土産にしてもいいかもしれませんね。

 

こちらもあわせてご覧ください。
【ホイアン】本格派の自家焙煎コーヒーが味わえるカフェ「HOI AN ROASTERY 」
【ホイアン】ベトナム産素材にこだわったオーガニックカフェ「COCO BOX」

ホーチミンでカオラウを食べるなら
ホーチミンでホイアンの名物麺・カオラウを食べるならココ!「FAIFO Pho hoai」

 

THANH CAO LAU(タン・カオラウ)
住  所:26 Thai Phien , Hoi An
営業時間:7:00~19:00