ベトナム料理教室「Saigon Cooking Class」~蓮の実チャーハン編~

BBQチキンと青マンゴーのサラダ編のつづき~

絶品サラダを食べ終えて休憩した後、蓮の実チャーハンを作りました。

蓮の実チャーハンは外国人も訪れるようなレストランで見かける料理で、蓮の葉に包まれたチャーハンがなんともかわいらしく、おいしそうに見えて食欲をそそられます。


SHガーデンの蓮の実チャーハン

 

ベトナム料理に欠かせない「蓮」

調理テーブルに移動すると、カセットコンロ&チャーハンの材料が用意されていました。

まずは、オァン先生が「蓮は全部あますところなく食べられるんですよ」などと蓮について説明してくれました。

蓮の実はお茶菓子やチャーハンの具として、茎はサラダとして、葉はお茶やチャーハンを包むときに、花は緑茶の香りづけなどに使われます。

ベトナムの国花でもある「蓮(sen、セン)」。ベトナム航空のロゴにも蓮の花が使われていますし、蓮がベトナム人に愛されていることが分かりました。

具材、ごはんを炒めます

チャーハンに使うお米はジャスミンライス。細長い形をしています。

中華鍋用のフライ返し。とっても大きくて驚きました!

まずはエシャロットとにんにくを炒めて香りを出し、

あらかじめ茹でてある具(蓮の実、海老、鶏肉、グリーンピース、人参)を加えてさらに炒めます。さらに、ごはんを入れて強火で炒めていきます。

 

蓮の葉でチャーハンを包みます

蓮の葉はとても大きい!ボウルに蓮の葉をセットして、

中にチャーハンを入れ、

スプーンで平らにして、

両側→上下と包みます。

そしてひっくり返してお皿に置きます。

その後、蓮の葉の繊維に沿って、はさみで四隅に切れ目を入れます。

そして、蓮の花びらをチャーハンの四隅に置きます。美しいですね~。

葉をしっかり開き、チャーハンの上に飾りのパクチーをのせます。

お皿に蓮の花と、ベトナムの大豆醤油・ヌックトゥーン(nước tương、日本の醤油と比べて塩気が少なく旨味があります)を入れた小皿を置いてできあがりです!!

最後には先生からのサプライズでデザートが出ました!

カスタードプリンのようなババロアのようなデザートでおいしかったです。

 

食に関するお土産も充実

料理教室の一角にはお土産コーナーが設けられています。

レッスンで使ったエプロンも買うことができますよ。

教室オリジナルのロゴ入りポロシャツや帽子もありました。

その他、ヌックマムやチリソース、コーヒー&お茶、MAROUのチョコレート、インスタントフォーのセット、ベトナム料理に関する本などがありました。

ギザギザ包丁やキッチンばさみ、土鍋、ソンベー焼の壺、中華鍋などのキッチングッズも。こちらで食に関するお土産の購入まで済ませられます。

 

レッスン終了後にはシェフのサイン入りレシピブックがもらえますよ。

ホーチミン旅行の思い出に、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

 

Saigon Cooking Class by Hoa Tuc(サイゴンクッキングクラス)
http://saigoncookingclass.com/
住  所:74 Hai Ba Trung , District1 , HCMC
T E L :028-3825-8485
申  込:HP内のメールフォーム(こちら)から予約
教室時間:午前の部10:00〜13:00、午後の部14:00~17:00
料  金:39.5ドル または 869,000ドン(約4,350円)、子ども(12歳以下):25ドル または 550,000ドン(約2,750円)