【レシピ付】ベトナム風豚肉のさつま揚げ“チャークエ”を作ろう!~その2~

チャークエ

その1のつづき~

 

7.蒸し器で10分蒸す

蒸し器に入れたチャークエのタネ

蒸し器に水を入れて沸騰させ、両面をラップで包んだままタネを置きます。

フタをして、約10分間タネを蒸します。

蒸しあがったチャークエのタネ

蒸しあがった状態のタネ。

蒸しあがったチャークエのタネ

ラップをはがして、これから油で揚げていきます。

8.油で揚げる

フライパンに入れたチャークエのタネ

フライパンに油を多めに入れ、中火で熱してからタネを置きます。

揚げ焼き中のチャークエ

少なめの油で、フライパンを傾けながら部分的に揚げてもOKです。

両面全体がきつね色になるまで揚げ焼きします。

9.適当な大きさにカットする

チャークエ

できあがり!

切り分けたチャークエ

少し冷ましてから、食べやすい大きさにカットします。

チャークエ

ビールのあてにそのまま食べたり、麺にのせたり、ごはんのおかずにしたり。

お好きな食べ方でどうぞ☆フランスパンにはさめば、バインミーになりますね!

チャークエ+麺

チャークエを麺にのせて☆

 

全工程にかかる時間は2~3時間。時間も手間もかかりますが、自家製チャークエのおいしさは格別!  日本で手に入る材料で作れるので、興味のある方はぜひ作ってみてくださいね。

★復習メモ★

チャークエ失敗作

チャークエ作りにフードプロセッサーは必須!フードプロセッサーがなかったので、脂身多めのひき肉をよく捏ねて作ったのですが、これが大失敗でした。。。

味はチャークエなのに(当たり前ですが)、見た目は完全にハンバーグ!

チャークエ作りのポイントは、生地のきめ細かさにあるようです。

チャークエ失敗作

断面もやっぱり“ハンバーグ”です。フードプロセッサー買おうかな。。。





o0922069213774182926
その後、フープロを手に入れて再チャレンジ!

o0922069213774183125

前よりかなり改善されましたが、まだハンバーグ感が。。。

 

改善点

  1. もっとクリーミーになるまでフープロで細かくする
  2. 焼き色にムラがあるので、よく空気を抜いて、表面を平らにする

 

何度か練習して、ベトナム人が作るようなチャークエを完成させたいです。