黒胡椒入りのベトナムハムを作ってみよう!

黒胡椒入りのベトナムハム

密度がカギ!?作るのが難しいベトナムハム

バインミーや麺、おこわの具などさまざまな方法で食べられているベトナムハム(cha lua)。もちろん、そのまま食べてもおいしい!(ビールのおつまみにぴったり♡)。

しかし、何度作っても、あのぎっちりした密度の高いハムが作れない・・。

ということで、ホーチミン在住のNさまのアドバイスをもとに、ベーキングパウダーの量を増やしたりして、急に思い立ってベトナムハムを作ってみることにしました。

今回は、ベトナムハムの中でも特に好きな黒胡椒入りのものに挑戦です。

ベトナハムの基本的なレシピはこちら
【レシピ付】ベトナム風ハム“チャールア”を作ろう!~その1~
【レシピ付】ベトナム風ハム“チャールア”を作ろう!~その2~

 

ポイントは包んだタネをきっちり縛ること!

黒胡椒入りのベトナムハム作りで使ったタコ糸

できあがったタネをラップとアルミホイルで包み、ひもで縛って固定するのですが、ビニールひもを使っていたのと、巻きが甘いためにいつもホロホロ食感に・・・。

今回は気合を入れて、煮豚用のタコ糸を買いました。

これできっちり力を入れて縛ることができました!

黒胡椒入りのベトナムハム

今回はミンチ肉を買い、念には念をおして、2回フードプロセッサーにかけて練りました。生地のクリーミーさも、成功のポイントだと思うので・・・。

そして、黒胡椒をぱらり。ちょっと多かったかな?と思いましたが、できあがったものを切ってみたら、そうでもなかったです。

黒胡椒入りのベトナムハム

キャンディ型に整えて~

今回は、気泡をなくすため、ハンバーグを作るときのように、ラップに包んだタネを両手でキャッチボールして空気を抜き、さらに元の形に戻しました。

黒胡椒入りのベトナムハム

ラップ、アルミホイルで隙間のないように包んで、タコ糸でギュッと!!

その後、30分蒸して(その間にタネがこびりついたボウルやフードプロセッサーの容器などを洗って~)、冷めたらできあがり!

 

包みを開けて、切るときはかなり緊張しました・・・。

今度こそうまくいっていますように!!

 

さて、結果は・・・?!

黒胡椒入りのベトナムハム

おぉっ!(感動☆)

 

今回はぎっちりとした密度の、ベトナムらしいハムができました!

ぷりっとした食感になり、ベトナムのものに近づきました。

黒胡椒がチョコチップみたいですね~

黒胡椒がすべて外側に寄ってしまっているので、今度は断面にまばらに入るように、入れ方を研究してみます。

黒胡椒入りのベトナムハム

豚肉500gで作ってたくさんできたので、しばらくはこれとビールで楽しみます^^(と言いつつ、一日でなくなってしまいました…)